« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(10)警視庁が狙う暴力団資金源企業 | トップページ | <書籍紹介>『ニッポンの犯罪捜査』(監修・北芝健。取材、文・相楽総一)と『全国警察力ランキング』(編著・寺澤有) »

2006.12.09

破綻した「近未来通信」の犯罪(1)ーー マスコミの責任。「日経」と「エコノミスト」のケース

 高音質のIP電話事業を謳い、全国の投資家から約300億円とも言われる資金を集めながら早々に破綻した「近未来通信」ーーその破綻は、事業がうまくいかなかった結果ではなく、そもそもまともに事業をしていなかったわけで、流行のIP事業を謳い文句にした新手の詐欺商法とも言えそうだ。したがって、冷静に同社の謳っていた事業内容を検討すれば、ひじょうに怪しいと素人でもわかったはずだ。経済のプロなら当然だろう。ところが、この商法の問題点を指摘するどころか、ヨイショ記事を書いたり、宣伝を引き受け、被害を拡大させた大手マスコミが存在した。『日本経済新聞』、『エコノミスト』はその典型例といえ、その問題点を具体的に指摘する。
 12月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(10)警視庁が狙う暴力団資金源企業 | トップページ | <書籍紹介>『ニッポンの犯罪捜査』(監修・北芝健。取材、文・相楽総一)と『全国警察力ランキング』(編著・寺澤有) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12990890

この記事へのトラックバック一覧です: 破綻した「近未来通信」の犯罪(1)ーー マスコミの責任。「日経」と「エコノミスト」のケース:

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(10)警視庁が狙う暴力団資金源企業 | トップページ | <書籍紹介>『ニッポンの犯罪捜査』(監修・北芝健。取材、文・相楽総一)と『全国警察力ランキング』(編著・寺澤有) »