« 「東理ホールディングス」の新株譲渡先に広域暴力団・稲川会系関係者(2) | トップページ | 媚朝外交を追及され、講談社社長自宅に取材拒否宣言「通告書」を2度に渡り送りつけた安倍首相の言い分 »

2006.12.07

米ファンドと毎日新聞社との「暴力団関係者に利益提供」記事巡る115億円巨額訴訟が和解に

 東京・南青山の地上げを巡って、米国ファンド「サーベラス・グループ」側が広域暴力団・山口組関係者に2000数百万円の手数料を支払ったと「毎日新聞」がスクープしたのは、今年1月12日朝刊1面だった。これに対し、サーベラス側は提訴。提訴場所は米国NY裁判所、しかも約115億円というわが国名誉毀損訴訟では過去最高額だった。その和解内容とは……。
 12月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「東理ホールディングス」の新株譲渡先に広域暴力団・稲川会系関係者(2) | トップページ | 媚朝外交を追及され、講談社社長自宅に取材拒否宣言「通告書」を2度に渡り送りつけた安倍首相の言い分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12965117

この記事へのトラックバック一覧です: 米ファンドと毎日新聞社との「暴力団関係者に利益提供」記事巡る115億円巨額訴訟が和解に:

« 「東理ホールディングス」の新株譲渡先に広域暴力団・稲川会系関係者(2) | トップページ | 媚朝外交を追及され、講談社社長自宅に取材拒否宣言「通告書」を2度に渡り送りつけた安倍首相の言い分 »