« 社長が詐欺容疑で逮捕されたGPJでも名前が出る「日本アムウェイ」 | トップページ | オリックス・宮内商法批判絡みで、宮内氏の戸籍コピーまで登場 »

2006.12.01

怪文書、代議士名も登場! 八千代市役所の宅地造成認可部署幹部自殺の裏側

本紙は11月17日、千葉県八千代市役所の宅地造成認可に関わる職員が自殺し、その裏側に認可絡みの不正があったのではないかと問題提起しておいた。その後、「怪文書」が登場。そこには自殺した職員の遺書に地元選出代議士、それに3名の県議の圧力があったとする記載まであった(「怪文書」掲載)。
11月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 社長が詐欺容疑で逮捕されたGPJでも名前が出る「日本アムウェイ」 | トップページ | オリックス・宮内商法批判絡みで、宮内氏の戸籍コピーまで登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12887136

この記事へのトラックバック一覧です: 怪文書、代議士名も登場! 八千代市役所の宅地造成認可部署幹部自殺の裏側:

« 社長が詐欺容疑で逮捕されたGPJでも名前が出る「日本アムウェイ」 | トップページ | オリックス・宮内商法批判絡みで、宮内氏の戸籍コピーまで登場 »