« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(13)先物取引大手2社 | トップページ | 本紙・山岡の対「政財界」訴訟、謝罪を受け入れ和解 »

2006.12.15

「ヒューネット」の100億円MSCB引受に登場した東理ホールディングス

 12月12日、業績不振のジャスダック上場不動産会社「ヒューネット」は東証2部「東理ホールディングス」との業務提携、約100億円のMSCB発行を決めたのはご存じの通り。この割当先は東理と「H投資事業組合」が3・7の割合。だが、H投資の業務執行役員・今井輝彦氏は、例えば05年6月、CBから転換した有利な東理株(1株20円)を計400万株(1億400万円。以下に資料掲載)譲渡してもらっている。その一方で同時期、福村グループ企業2社からコンサル名目で計6460万円もらっている(同)事実を思えば“身内”で、実質、すべて東理側が引き受けていると見ていいだろう(東理ホールディングス関連チャート図も以下に掲載、また「ジオスター」株価についても触れる)。
 12月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(13)先物取引大手2社 | トップページ | 本紙・山岡の対「政財界」訴訟、謝罪を受け入れ和解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13081312

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒューネット」の100億円MSCB引受に登場した東理ホールディングス:

» 現役ナースが簡単に1500万を作る方法 [◆□現役ナース安斎あゆが、半年で1562万円を稼ぐ方法って?□◆]
半年で1562万の資産を作る方法.その秘密を知りたい人は、他にいませんか? [続きを読む]

受信: 2006.12.17 16:50

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(13)先物取引大手2社 | トップページ | 本紙・山岡の対「政財界」訴訟、謝罪を受け入れ和解 »