« 安倍首相地元・下関市の三菱商事グループ官製談合疑惑ーー三菱グループ“失格”で決着 | トップページ | 本紙予告通り、本日、警視庁、「博報堂」中堅社員を詐欺容疑で逮捕 »

2006.11.26

活動を続けるマルチ・ジャンキーーー近未来通信に続き、銀座を舞台に「円天市場」でも

 IP電話事業の設備投資に当てるとして、全国の約3000名から総額約300億円ともいわれる巨額資金を集めながら、実質、破綻した「近未来通信」(東京都中央区)ーー11月20日、本社が閉鎖されたことで、この間、報道されている。この営業に「日本アムウェイ」などマルチ類似商法(連鎖販売取引)の現・元販売員が大きな役割を果たしていた模様だが、その点については余り触れられていない。この商法は米国で生まれ、わが国には1960年後半に持ち込まれ、その時の代表的企業として「APOジャパン」があった。その最高実力者・波和二氏はいまも健在。東京・銀座2丁目のビルを舞台に、最後の大仕事に取りかかっている。
11月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 安倍首相地元・下関市の三菱商事グループ官製談合疑惑ーー三菱グループ“失格”で決着 | トップページ | 本紙予告通り、本日、警視庁、「博報堂」中堅社員を詐欺容疑で逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12832850

この記事へのトラックバック一覧です: 活動を続けるマルチ・ジャンキーーー近未来通信に続き、銀座を舞台に「円天市場」でも:

« 安倍首相地元・下関市の三菱商事グループ官製談合疑惑ーー三菱グループ“失格”で決着 | トップページ | 本紙予告通り、本日、警視庁、「博報堂」中堅社員を詐欺容疑で逮捕 »