« カプコン・辻本社長も黙認? 業界関連社団法人専務理事の疑惑 | トップページ | 博報堂社員詐欺行為、本紙報道契機に“依願退職”の不可解 »

2006.11.04

安倍首相地元公共工事で、実兄が責任者の三菱商事グループ落札の“官製談合”訴訟の続報

 10月31日に報じた、『「訴状」で原弘産側があからさまに主張する、安倍首相の地元・下関市における「三菱商事」グループとの“官製談合”』タイトル記事の続報。この訴訟、原弘産側が腹を括って最後まで訴えを取り下げなければ、安倍首相の利権の闇を浮き彫りにする可能性を秘めている。10月30日、原弘産側は1回目の「準備書面」を提出したが、それを見ると、今回の三菱商事グループ落札が本来あり得ないことか、改めて認識させられる。
 11月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« カプコン・辻本社長も黙認? 業界関連社団法人専務理事の疑惑 | トップページ | 博報堂社員詐欺行為、本紙報道契機に“依願退職”の不可解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12554509

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相地元公共工事で、実兄が責任者の三菱商事グループ落札の“官製談合”訴訟の続報 :

« カプコン・辻本社長も黙認? 業界関連社団法人専務理事の疑惑 | トップページ | 博報堂社員詐欺行為、本紙報道契機に“依願退職”の不可解 »