« 安倍首相お膝元上場企業がついに反乱? 下関市の公共工事差し止め求め提訴 | トップページ | 本紙追及の問題有料老人ホーム「銀の舟」がついに破産 »

2006.10.27

ついに御用になった詐欺師。だが、さらなるワルはお咎め無しなのか?

 警視庁捜査2課は、投資家から多額の資金を騙し取ったとして、「GPJ」元社長、秦右時を詐欺罪で逮捕したが、本紙既報のように彼の元上司、社長だったさらなるワルがいた。こいつは、お咎め無しなのか!?
10月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 安倍首相お膝元上場企業がついに反乱? 下関市の公共工事差し止め求め提訴 | トップページ | 本紙追及の問題有料老人ホーム「銀の舟」がついに破産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12445250

この記事へのトラックバック一覧です: ついに御用になった詐欺師。だが、さらなるワルはお咎め無しなのか?:

« 安倍首相お膝元上場企業がついに反乱? 下関市の公共工事差し止め求め提訴 | トップページ | 本紙追及の問題有料老人ホーム「銀の舟」がついに破産 »