« 証券取引等監視委員会に架空増資疑惑で「上申書」を提出されていた東理ホールディングスと福村康廣社長 | トップページ | <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(3) »

2006.10.24

組織再編も何のその、相変わらず天下りを続ける国際協力銀行幹部職員

 国際協力銀行(JBIC)はお役御免の政府系金融機関の一つとして、すでに解体が決まっている。少しは反省しているのかと思ったら、むしろ2年後の組織再編成に向け必死の既得権益温存や自己保身が行われているというから呆れ果てる。しかも、再編を機にあれだけ政策金融改革論議や天下り批判がされたにも拘わらず、この1年余りを見ても、相変わらず天下りが罷り通っているという。その具体例をすっぱ抜く。
10月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 証券取引等監視委員会に架空増資疑惑で「上申書」を提出されていた東理ホールディングスと福村康廣社長 | トップページ | <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12399278

この記事へのトラックバック一覧です: 組織再編も何のその、相変わらず天下りを続ける国際協力銀行幹部職員:

« 証券取引等監視委員会に架空増資疑惑で「上申書」を提出されていた東理ホールディングスと福村康廣社長 | トップページ | <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(3) »