« 明日のテレ朝「スーパーモーニング」で、本紙追及の習志野市選挙開票不正疑惑をオン・エア | トップページ | 理事長が失踪!? 大手有料老人ホーム・ベストライフ経営の医療法人「寿光会」に“異変” »

2006.10.06

<記事紹介>「リスクを避けて闘わない大手メディア」(『論座』11月号。朝日新聞。本紙・山岡)

 昨日(5日)発売の朝日新聞社のオピニオン誌『論座』11月号が、「言論テロと右翼」の特集をしている。そのなかで、「『標的』となった人たち」として田中均元外務省外務審議官、姜尚中東大大学院教授、溝口敦ノンフィクションライター、本島等元長崎市長、田原総一朗、そして本紙・山岡も紹介している(各2頁インタビュー構成)。
 10月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 明日のテレ朝「スーパーモーニング」で、本紙追及の習志野市選挙開票不正疑惑をオン・エア | トップページ | 理事長が失踪!? 大手有料老人ホーム・ベストライフ経営の医療法人「寿光会」に“異変” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12168104

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「リスクを避けて闘わない大手メディア」(『論座』11月号。朝日新聞。本紙・山岡):

« 明日のテレ朝「スーパーモーニング」で、本紙追及の習志野市選挙開票不正疑惑をオン・エア | トップページ | 理事長が失踪!? 大手有料老人ホーム・ベストライフ経営の医療法人「寿光会」に“異変” »