« 今度は新興上場企業社長自らが仕切って、闇カジノ・パーティーを開催か | トップページ | 楽天関連不動産会社、「旧・秀吉ビル」巡る訴訟で二審も勝訴。だが、新たな難題が…… »

2006.10.12

最高裁で敗訴しても、「暴力行為はあったと認められた」と強弁する“世界のネスレ”

解雇事件(地位確認等請求事件)につき、最高裁で敗訴した“ネスカフェ”でお馴染みのネスレーーところが、未だ解雇理由とされた暴行の事実はあったが、7年も前のことなので、それを最近になって懲戒理由にはできないといっているだけのこと、と虚偽の主張をしているという。会社規模は世界有数だが、雇用面の水準は、零細企業のワンマン経営にありがちな劣悪さと変わらないようです。
10月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 今度は新興上場企業社長自らが仕切って、闇カジノ・パーティーを開催か | トップページ | 楽天関連不動産会社、「旧・秀吉ビル」巡る訴訟で二審も勝訴。だが、新たな難題が…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12250138

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁で敗訴しても、「暴力行為はあったと認められた」と強弁する“世界のネスレ”:

» その後の、「小泉純一郎」さんと、「飯島勲」さん [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
TBさせていただきます。北核実験でそうぞうしいですが、小泉事務所ができそうです。TBRか、北野アームズか? [続きを読む]

受信: 2006.10.12 13:51

« 今度は新興上場企業社長自らが仕切って、闇カジノ・パーティーを開催か | トップページ | 楽天関連不動産会社、「旧・秀吉ビル」巡る訴訟で二審も勝訴。だが、新たな難題が…… »