« 大手人材派遣「フルキャスト」の差別的個人データ登録に、「楽天」も困惑か | トップページ | 「アパグループ」も同罪と告発していた、耐震偽装のイーホームズ・藤田社長 »

2006.10.22

政府・与党、10月24日「共謀罪」審議入、即、強行採決の可能性も

政府・与党は、成立を狙う現代版・治安維持法=「共謀罪」について、10月24日(火)の法務委員会で事前通告なく審議入りさせ、即、強行採決する可能性が高いことが関係者の話でわかった。その根拠とは……。
10月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 大手人材派遣「フルキャスト」の差別的個人データ登録に、「楽天」も困惑か | トップページ | 「アパグループ」も同罪と告発していた、耐震偽装のイーホームズ・藤田社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12370712

この記事へのトラックバック一覧です: 政府・与党、10月24日「共謀罪」審議入、即、強行採決の可能性も:

» 【転載熱望】共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ送る海渡弁護士の解説〜政府は国民をこうして騙す! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
先日、アラームを発した海渡弁護士の現時点での共謀罪に関する丁寧な解説をご紹介します。少し長いですが、最後までお読みいただければ問題点がよく分かります(よりマニアックな方は、日弁連のHPをご覧ください)。なお、写真は、文中にも出てくる墨塗りの公電です(写真の転載も大歓迎です)。日本政府代表団はいったんは日本の制度でも対応できるように条約(案)を修正をするよう求めておきながら、なぜか、米国とサシで協議してその修正案を引っ込めてしまった。... [続きを読む]

受信: 2006.10.22 08:34

« 大手人材派遣「フルキャスト」の差別的個人データ登録に、「楽天」も困惑か | トップページ | 「アパグループ」も同罪と告発していた、耐震偽装のイーホームズ・藤田社長 »