« 連載(6)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より | トップページ | 渦中のパシコングループ前代表・荒木民夫氏が、本紙・山岡等との訴訟で証人出廷 »

2006.09.22

<記事紹介>「安倍晋三『美しい国へ』を読む」(五十嵐仁法政大学教授(政治学)

 ベストセラーになっている安倍晋三新総理の著作『美しい国へ』を読んだ政治学者が、「こんな本を書いてはずかしくないのか」とけちょんけちょんに批難している。このタイトルは『恐ろしい国へ』に改めるべきだとも。その法政大学の五十嵐仁教授は、「日刊ゲンダイ」などでもよくコメントを見かける行動する学者。その指摘は鋭い。
9月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 連載(6)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より | トップページ | 渦中のパシコングループ前代表・荒木民夫氏が、本紙・山岡等との訴訟で証人出廷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11990882

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「安倍晋三『美しい国へ』を読む」(五十嵐仁法政大学教授(政治学):

» 安倍晋三as自民党総裁as総理大臣 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此� まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここに安倍政権が誕生した。 [続きを読む]

受信: 2006.09.22 14:34

« 連載(6)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より | トップページ | 渦中のパシコングループ前代表・荒木民夫氏が、本紙・山岡等との訴訟で証人出廷 »