« オリックス・宮内会長との関係から、昭和シェル石油にも質問状が | トップページ | また事前に捜査情報漏洩かーー赤坂・韓国クラブの摘発で »

2006.09.30

<記事紹介>「山梨県・上野原市が先走る『光通信網』計画の大疑問」(『財界展望』2006年11月号)

 本紙が指摘したこのIT利権、ますます無駄な投資であることが明らかになって来ている。総務省はNTTやNHKなどと共同で、地上デジタルをネットでも見えるようにするための規格統一を行うと発表したからだ。こうなると、もはや光ファイバーを税金でわざわざ敷設する意味はますます無くなって来る。本紙でも取り上げている、山梨県上野原市の18億円投じる光ファイバー敷設事業の総まとめ、最新事情。
 9月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« オリックス・宮内会長との関係から、昭和シェル石油にも質問状が | トップページ | また事前に捜査情報漏洩かーー赤坂・韓国クラブの摘発で »

コメント

山梨県上野原市の現建設経済部長は数年前汚職で捕まった、元建設課長のo氏です。
市長の力は絶大だということでしょうか。
ちなみにこのo氏、もう少しで定年です。しっかり退職金をもらう前になんとかならないもんでしょうか?

投稿: si | 2007.02.02 04:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/12099071

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「山梨県・上野原市が先走る『光通信網』計画の大疑問」(『財界展望』2006年11月号):

« オリックス・宮内会長との関係から、昭和シェル石油にも質問状が | トップページ | また事前に捜査情報漏洩かーー赤坂・韓国クラブの摘発で »