« <記事紹介>「理想の福祉に立ちはだかる自治体硬直行政の厚い壁」(総合情報誌『ベルダ』9月号。本紙・山岡) | トップページ | 連載(4)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より »

2006.09.03

デル日本法人にさらなる難題か(上場企業2社も関与?)

ソニー製電池の問題で、史上最大規模の410万台ものパソコンのリコールを余儀なくされたデル日本法人。ところか、追い打ちをかけるような情報が飛び込んできた。同社の架空取引疑惑で大阪府警が捜査しているというのだ。しかも、この100億円(年間)とも言われる取引には上場企業2社が関与しているとの情報も出ている。
 9月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「理想の福祉に立ちはだかる自治体硬直行政の厚い壁」(総合情報誌『ベルダ』9月号。本紙・山岡) | トップページ | 連載(4)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11747246

この記事へのトラックバック一覧です: デル日本法人にさらなる難題か(上場企業2社も関与?):

« <記事紹介>「理想の福祉に立ちはだかる自治体硬直行政の厚い壁」(総合情報誌『ベルダ』9月号。本紙・山岡) | トップページ | 連載(4)「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より »