« 31日発売の『週刊新潮』が楽天特集記事掲載 | トップページ | 生き残れるのは銀行系のみ? 1人100万円「総量規制」原案で、 「東京ドーム」も“サラ金"卸業完全撤退か »

2006.08.30

怪文書で「女帝」と糾弾される民放初の女性役員=堀越むつ子テレビ朝日取締役

業績好調の「テレ朝」だが、この6月の株主総会と前後して国税調査、元幹部の告発、そして怪文書騒動と数々の疑惑が取り立たされて来た。だが、なぜかこれまで怪文書に指摘されていた堀越むつ子取締役の「女帝」ぶりだけはこの間、流布していない。そこで、本紙は……。
  8月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 31日発売の『週刊新潮』が楽天特集記事掲載 | トップページ | 生き残れるのは銀行系のみ? 1人100万円「総量規制」原案で、 「東京ドーム」も“サラ金"卸業完全撤退か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11676621

この記事へのトラックバック一覧です: 怪文書で「女帝」と糾弾される民放初の女性役員=堀越むつ子テレビ朝日取締役:

« 31日発売の『週刊新潮』が楽天特集記事掲載 | トップページ | 生き残れるのは銀行系のみ? 1人100万円「総量規制」原案で、 「東京ドーム」も“サラ金"卸業完全撤退か »