« 「NTTデータ」が取引先企業使い利益操作か | トップページ | オックスHD、50億円の第3者割当新株予約権発行の裏で気になる動き »

2006.08.15

安倍幹事長地元・下関市長選公選法違反疑惑ーー「不起訴不当」として検察審査会に異議申し立てへ

8月12日、お国入りして、早くも首相になったも同然のような歓待を受けた安倍晋三官房長官ーーだが、そのお国=山口県下関市で起きていた市長選の公職選挙法違反疑惑は真っ黒だったことが、本紙が入手した関係資料でよりハッキリした。なぜ、検察はこの疑惑を不起訴としたのか? 告発人は「不起訴不当」として検察審査会に異議申し立てするという。
 8月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「NTTデータ」が取引先企業使い利益操作か | トップページ | オックスHD、50億円の第3者割当新株予約権発行の裏で気になる動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11449387

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍幹事長地元・下関市長選公選法違反疑惑ーー「不起訴不当」として検察審査会に異議申し立てへ :

» 安倍晋三コネクション・リンク集3 [タカマサのきまぐれ時評]
■「安倍晋三コネクション・リンク集2」の続編。■いままで、きまぐれ/やみくもに 意味がありそうな 安倍晋三ネタをあつめ論評したきたが、肝心の大事な作業をわすれていた。われらが山岡俊介さんとカマヤンの安倍晋三ネタを整理リンクしておく作業だ。 ■ま、もちろん...... [続きを読む]

受信: 2006.08.16 00:06

« 「NTTデータ」が取引先企業使い利益操作か | トップページ | オックスHD、50億円の第3者割当新株予約権発行の裏で気になる動き »