« 北朝鮮がハッカー専門の工作部隊を密かに創設。米軍、自衛隊の指令中枢に侵入テスト済? | トップページ | 愉快犯!? 本紙・山岡宅放火犯を示唆するファックス文書がまた届く »

2006.07.28

A.Cホールディングスの第3者割当増資にも疑問の声が

A.Cホールディングス(旧・南野建設)は8月7日を払い込み期日とする計100億円の第3者割当増資をすでに発表しているが、この引受を巡って水面下できな臭い動きがあることが関係者の証言でわかった。それによれば……。
 7月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 北朝鮮がハッカー専門の工作部隊を密かに創設。米軍、自衛隊の指令中枢に侵入テスト済? | トップページ | 愉快犯!? 本紙・山岡宅放火犯を示唆するファックス文書がまた届く »

コメント

未公開株販売業者 ワールドインベストメントはIT企業のデジタルチェックの未公開株を販売していた。さて、南野建設と東急建設そしてデジタルチェックの関係は・・ ばらしたら東急も南野もデジタルも終わりか・・ 近い内キンタマウイルスで全世界に配信予定

投稿: 未公開株と南野建設 | 2006.11.15 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11126646

この記事へのトラックバック一覧です: A.Cホールディングスの第3者割当増資にも疑問の声が:

« 北朝鮮がハッカー専門の工作部隊を密かに創設。米軍、自衛隊の指令中枢に侵入テスト済? | トップページ | 愉快犯!? 本紙・山岡宅放火犯を示唆するファックス文書がまた届く »