« 第3者割当増資が失敗に終わった「魚喜」に関し、新たな動きが | トップページ | <記事紹介>「『アクセス・ジャーナル』の挑戦」(寺澤有「インシデンツ」) »

2006.07.30

水谷建設捜査で、未だに大手マスコミがほとんど報じない2人のキーマン

東京地検特捜部が乗り出したサブコン「水谷建設」の捜査。狙いが政治家であることはまず間違いないが、大手マスコミは未だそこに迫る2人のフィクサーについてほぼ沈黙を保っている。その2人とは「日安建設」を設立した白川司郎氏、それ「行政問題研究所」の竹内陽一オーナーだ。
 7月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 第3者割当増資が失敗に終わった「魚喜」に関し、新たな動きが | トップページ | <記事紹介>「『アクセス・ジャーナル』の挑戦」(寺澤有「インシデンツ」) »

コメント

白川社長 ごっつい人になってもうたな!
仕事下さい、社長 
誰か言うといて。。

投稿: 花川 | 2007.05.31 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/11156175

この記事へのトラックバック一覧です: 水谷建設捜査で、未だに大手マスコミがほとんど報じない2人のキーマン :

« 第3者割当増資が失敗に終わった「魚喜」に関し、新たな動きが | トップページ | <記事紹介>「『アクセス・ジャーナル』の挑戦」(寺澤有「インシデンツ」) »