« あの大木金太郎さん、老人ホームに入居へ | トップページ | 糸川代議士宛銃弾の送付元、警視庁特定の模様 »

2006.06.21

青森県で住民とトラブルの産廃最終処分場建設認可に前知事・大島前農相の関与説が

大島理森前農相は地元八戸市出身。前知事はセクハラ疑惑で辞任した木村守男氏。そして産廃企業は近年、全国でどんどん処分場を建設している注目の企業。資本金は20億円で、そうそうたる一流企業が出資している。
 6月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの大木金太郎さん、老人ホームに入居へ | トップページ | 糸川代議士宛銃弾の送付元、警視庁特定の模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/10615902

この記事へのトラックバック一覧です: 青森県で住民とトラブルの産廃最終処分場建設認可に前知事・大島前農相の関与説が:

« あの大木金太郎さん、老人ホームに入居へ | トップページ | 糸川代議士宛銃弾の送付元、警視庁特定の模様 »