« パシコン・荒木民生社長特別背任疑惑の土地巡り総会屋逮捕 | トップページ | 検察、名誉毀損容疑の「鹿砦社」松岡利康社長に懲役1年6カ月求刑 »

2006.04.22

JR東日本が、安全問題を告発した社員を処分

  50_17  JR東日本千葉支社は4月18日付けで、この間、ビデオ『レールは警告するーー尼崎事故とJR東日本』(05年。43分。ビデオプレス)、『週刊金曜日』(2006年1月20日号)の座談会(「東日本」保線現場からの警告  JRのレールがあぶない)に出て、レール破断の実態等を指摘するなど、乗客の安全を守るべく告発した社員A氏に対し、「厳重注意」処分を発令した。
「社員として勤務時間外に雑誌(=週刊金曜日)のインタ ビューに応じ、会社の信用を傷つける発言をしたことは、社員として著しく不都合な行為である。今後、このような行為を繰り返さないよう厳重に注意する」という内容だったという。
 昨年4月25日、JR西日本管内で107名もの死者を出した尼崎列車脱線事故が起きたのはご存知の通り。この事故は人ごとではないと感じたA氏は現状を憂い、自らの良心に従い、現場の真相を話したという。しかも、勤務時間外の行為だった。
 2006年4月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン・荒木民生社長特別背任疑惑の土地巡り総会屋逮捕 | トップページ | 検察、名誉毀損容疑の「鹿砦社」松岡利康社長に懲役1年6カ月求刑 »

コメント

はじめまして。
私はJR東日本の整備不良としか考えられない信号故障・車両故障の多発に嫌気が差してます。
人身事故なら途中駅で折返運転せず、毎度毎度の中央線東京‐高尾間全区間不通、京浜東北線大宮‐大船間全区間不通、武蔵野線府中本町‐西船橋間全区間不通では、自然とJR東日本に乗らなくなりました。
私鉄・地下鉄だけを利用するので、JR東日本利用より所要時間が増したり、運賃が割高になることもあります。
それでも、目的地まで確実に行ける安心感には、代えられません!

投稿: くもすけ | 2006.04.24 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/9708369

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本が、安全問題を告発した社員を処分:

« パシコン・荒木民生社長特別背任疑惑の土地巡り総会屋逮捕 | トップページ | 検察、名誉毀損容疑の「鹿砦社」松岡利康社長に懲役1年6カ月求刑 »