« わが国サラ金金利にまで自由競争を求める米国 | トップページ | (追及)③みずほ銀行は社会的責任をどこまで認識しているのか?ーー銀行側の言い分 »

2006.04.01

<書籍紹介>『自己破産ハンドブック』(破産再生研究会)

 1 現在もわが国では年間、18万件以上の個人が自己破産を申し立てている。
 その自己破産者のほとんどは、サラ金の過大な金利で返済金が膨れ上がって支払い不能に陥ってのことだ
 こういうと、「借りたカネを返すのは当たり前」、「踏み倒しだ!」との批判の声が上がる。
 確かに、借りたカネはキチンと返した方がいいに決まっている。
 だが、個人的な信頼関係から貸し借りしたケースはともかく、サラ金業者は予め自己破産者が出るリスクも計算し、高金利を取っている。サラ金業者はビジネスでカネを貸しており、それに対し、返済不能に陥った者が自己破産という手段に出るのも、また、そういう法律が存在するのも、経済的な救済処置としてあるのであり、それ以上でも以下でもない。まして、「カネよりも命、生活権が優先する」のは当然のことだろう。
 だが、未だに自己破産することに対する世間の目は冷たく、既存の「自己破産解説本」もそうした価値観を反映してか、自己破産をしようとする者に本当に役立ち、また、世間の根拠ない自己破産に伴うディメリット等デマについて誤りを正し、安心させる作りになっていない。その一方で、詳しい内容を載せていると思ったら、サラ金や銀行と任意でこのように交渉をしろなど、交渉という修羅場をくぐっていない一般人は到底不可能なマニアック本、読み物として面白いに過ぎない作品だったりする。
 一般人は淡々と自己破産手続きするのが一番で、その点、実際は、本紙・山岡の知人のフリーライター氏が書いた本書は、とことん自己破産しようとする者の視点に立ち、懇切丁寧に解説されている希な仕上がりとなっている。(データハウス・1400円+税。4月20日発売予定) 

|

« わが国サラ金金利にまで自由競争を求める米国 | トップページ | (追及)③みずほ銀行は社会的責任をどこまで認識しているのか?ーー銀行側の言い分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/9383374

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『自己破産ハンドブック』(破産再生研究会):

» ということでまた元に戻りました。 [怪文書ブログ]
 今さっき、このブログをご覧になられた方は、いつもと同じ画面で何があったのか、わからなかったと思います。詳しくは昨日の記事をご覧ください。それはともかくとして今日は先日のトラックバックの影響だけでアクセス数が膨れ上がっていますが、特に何かあったということではないので、ここのブログしか普段見ていない方、ご安心ください。別に何かヤバイことを書いてアクセスが殺到とかではないので(笑)。しかし、4月も2日になるとネタがない。クビ絡みのネタでいけるかな?と思っていたらどうやらクビにならなかったわけで、どちらに... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 20:12

» クレジットカード申込【グレーゾーン金利がなくなると借金整理の手段が・・・】 [クレジットカード申込ちょっとその前に!]
忘れるところでした(^^ [続きを読む]

受信: 2006.04.21 19:43

» 自己破産は専門家に相談が一番っ [自己破産は専門家に相談が一番っ]
自己破産は専門家に相談が一番っ [続きを読む]

受信: 2007.08.03 10:17

« わが国サラ金金利にまで自由競争を求める米国 | トップページ | (追及)③みずほ銀行は社会的責任をどこまで認識しているのか?ーー銀行側の言い分 »