« 違法カジノ営業に代議士元秘書も関与か? | トップページ | <記事紹介>「永田ガセメール本当の『作成者』」(『週刊文春』) »

2006.03.28

本紙追及の楽天証券組成ファンド関連物件に融資していた東京スター銀行

5051   日興コーディアルグループが、東京スター銀行を買収する方向で水面下で交渉を行っていることがつい最近、大手マスコミで報じられたのはご存知の通り。
 東京スター銀行の前身は東京相和銀行。当時は消費者金融への融資が多く、また、その裏には正体不明の人脈もあったとされ、かつては「サラ金専門銀行」などとも陰口を叩かれたこともあった。だが、長く同行を牛耳っていた長田庄一氏は逮捕され、同行は破綻。米投資ファンドのローンスターの傘下に入り、同ファンド主導で過去の人脈は一掃され、再生されたことで、いよいよ転売益狙いのローンスターと、預金者に株式など投資商品を売りたい日興コーディアルの思惑が一致しての買収交渉であろう。
 だが、本当に東京スター銀行は過去の怪しげな人脈との呪縛から解き放されたのか。
 2006年3月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 違法カジノ営業に代議士元秘書も関与か? | トップページ | <記事紹介>「永田ガセメール本当の『作成者』」(『週刊文春』) »

コメント

とても内容が充実した素晴しいブログですね(^-^)
早速、お気に入りとランキングもクリックしました♪
トラックバックもさせて頂けたらと思いますので、
ぜひぜひよろしくお願いしますm(__)m

投稿: 東京スター銀行マスター | 2006.09.25 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/9302886

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙追及の楽天証券組成ファンド関連物件に融資していた東京スター銀行:

» クレジットカード申込【グレーゾーン金利】 [クレジットカード申込ちょっとその前に!]
そもそもこのグレーゾーン金利というのは、利息制限法と出資法との金利差の部分をいうのですが、このグレーゾーン金利の事をあまり知らない方が多いのが現状です。 [続きを読む]

受信: 2006.04.17 20:29

« 違法カジノ営業に代議士元秘書も関与か? | トップページ | <記事紹介>「永田ガセメール本当の『作成者』」(『週刊文春』) »