« 中野サンプラザの民営化に疑惑噴出 | トップページ | <書籍紹介>『人気サプリメントのウソとホントーートップ33品目を徹底検証する!』(生田哲) »

2006.03.17

外資系銀行現役幹部が、違法カジノを営業!?

 50 本紙のもとに、とんでもない疑惑案件が待ち込まれて来た。
 誰もが知っているといっていい外資系銀行の現役幹部が役員に就いている会社が、あろうことか、わが国首都圏の繁華街で複数の違法カジノ店を経営しているというのだ。周知のように、わが国ではカジノ営業はご法度。ところが、この店では堂々と現金が賭けられているというのだ。
 それにも拘わらず、長年営業されており、この間、摘発されたことがないのは警察がお目こぼししているとしか思えず、地元警察署と癒着している可能性も高い。それはともかく、
「この違法カジノで儲けた現金は、その現役幹部の勤める外資系銀行に入金され、マネーロンダリングされているのです。いくら何でもと思いますが、したがって、一不良幹部の犯罪でない可能性さえあります」(事情通)
 確かに、わが国には違法カジノが存在する。本紙・山岡も以前、新宿歌舞伎町で常連客に誘われたのを幸いに、取材したことがある。その常連客は顔パスだったが、山岡は執拗にボディ・チェックを受けた。その違法カジノは閉店したクラブの後を借り受けて営業していたが、ビル入り口の店の案内プレートのその部屋は何も書かれておらず、事情を知らない客は空き店舗と思うだろう。
 2006年3月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 中野サンプラザの民営化に疑惑噴出 | トップページ | <書籍紹介>『人気サプリメントのウソとホントーートップ33品目を徹底検証する!』(生田哲) »

コメント

私は日本のカジノで10年以上働いていますが、
この記事には疑問を感じます。

まず、新規のゲストであっても
紹介者がいれば入店して会員になれますが
ボディチェックなんて絶対しませんし
聞いたこともありません。

看板も会員制のクラブやバーを装ってはいますが
必ずと言って良いほど出してます。(花屋、酒屋、ダス○ン
出前など、業者も頻繁に出入りしてます)
入り口にはカメラが付いており、
モニターでゲストの顔を確認して鍵を開けるため、
ライトも点いていますし
オシボリケースが出ていたり、人の気配はあります。

体格の良い男が云々とありますが、
それは黒服のことですよね?
黒服は客がチップを買うときにお金を預かったり
ディーラーのゲームミスやトラブルを防ぐために
いる管理職で、体格などは関係ありません。
パチンコ屋のホールスタッフ、レストランのボーイと大差ないです。実際女性の黒服もいますし。

マネーロンダリングも、殆どの人はしてませんよ。
表の仕事を持ってる極一部のオーナーだけです。

確かにカジノは違法ですが、だからと言って
有りもしないことや、大げさすぎる記事を書いていいのですか?
大切なのは真実ではないのですか?

投稿: ななし | 2006.03.29 14:58

パチンコだってまるで合法であるかのように大手を振って経営しているんだから、
カジノ経営に罪の意識を覚えない人(企業)があってもおかしくないのかも・・・。
こういう裏カジノのほうが貧乏人相手ではないだけ健全なのかもw

投稿: san | 2006.03.25 01:06

これはひょっとして、以前nikaidou.comで触れられていた東京の某区警察署に関する不祥事ですかね???
いやまさかね、ハハ。

投稿: fu | 2006.03.21 02:23

「とんでもない疑惑」ではありますけど、カジノを合法化しようとしている昨今です。彼らの主観では「もうすぐ合法化されるビジネスをちょっと先に始めてみた」という気分かもね。

投稿: aa | 2006.03.18 14:40

いつも楽しみにしております。
 
これはすごいスクープですね。お堅い企業のたがも緩んでいるとはいえ,こんなところにも手を出しているとは...

続報を楽しみに期待しております。

投稿: Return To Forever | 2006.03.18 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/9134699

この記事へのトラックバック一覧です: 外資系銀行現役幹部が、違法カジノを営業!?:

» 緊急声明賛同のお願い;「買春疑惑」議員、議長に立候補? [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu of ODA Watchers]
⇒法や道徳を裏で無視して、偽善で商売をする風潮は、巷に溢れている。 ⇒次の企業の社長の「柴田政明氏」(1980追手門学院大学 経済学部経営学科卒業)はスリランカで「買春」しつつ、環境問題を口先だけで訴え、市場の金を浚う、ホリエモン・ゾンビ、同じ偽善者の類。 エイワット http://www.eiwat.co.jp/ http://www.jsda.or.jp/html/greensheet/kaisya/gaiyou/d65950.html 2006.03.17 情報... [続きを読む]

受信: 2006.03.19 15:21

« 中野サンプラザの民営化に疑惑噴出 | トップページ | <書籍紹介>『人気サプリメントのウソとホントーートップ33品目を徹底検証する!』(生田哲) »