« ズサンな口座管理を裁判所が認定ーー甲府信金の疑惑深まる | トップページ | <記事紹介>「ドン・キーのTOBに乗じて儲けたジャーナリスト」(『ベルダ』3月号) »

2006.03.05

ライブドア事件の闇を追った本、出版される

  50  3月11日に、『別冊宝島Real 追跡!ライブドア事件 残された10のミステリー~闇社会への利益供与疑惑から国策捜査説まで!』なるタイトルのムック本が宝島社から出版される。
 本紙・山岡も「「ライブドアと闇紳士人脈ーー仕手筋、国際金融ブローカーとの接点とは?」のパートを担当し、書いている。興味のある方は、是非目を通していただきたい。
●著者 有森隆+グループK、山岡俊介、鈴木智彦、井上トシユキ、山村明義、大月隆寛ほか
●定価 900円(税込み)
●頁数 144P
予約もできます

 

|

« ズサンな口座管理を裁判所が認定ーー甲府信金の疑惑深まる | トップページ | <記事紹介>「ドン・キーのTOBに乗じて儲けたジャーナリスト」(『ベルダ』3月号) »

コメント

明日、本屋で買います。品切れなら、注文します。
また、手違いで、二回、トラックバックしてしまいました。申し訳ありません。

投稿: ODA ウォッチャーズ | 2006.03.07 01:31

アマゾンでは品切れ状態になってます。普通発売日前の商品は、「予約受付中」ですよね。他の本屋でも見当たりません。最初から売る気ないんじゃないかと心配になります。

投稿: @ | 2006.03.05 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8953345

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア事件の闇を追った本、出版される:

» 雲隠れしたのは誰か [カルナック遺跡]
"メール問題"で民主党が勇み足をしたおかげで自民党は余裕の笑みを浮かべているようですが、これでライブドア事件の真相がうやむやになっちゃいけない。 民主党は永田議員を釣った人物を糾弾するようなことも言ってますが、それでは事件の本筋からずれてしまっている。 も....... [続きを読む]

受信: 2006.03.05 22:44

» ライブドア株主の被害救済へ、弁護団が説明会 [情報ブログ]
ライブドアグループの証券取引法違反事件で、損害を被った株主の被害救済を目指す「ライブドア株主被害弁護団」が5日、東京都千... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 12:07

» ライブドア事件の本 [40代なかばで?]
3月11日に、『別冊宝島Real 追跡!ライブドア事件 残された10のミステリー〜闇社会への利益供与疑惑から国策捜査説まで!』タイトルのムック本が宝島社から出版されます。 興味がありますね。 私も買ってみようかな? 追跡!ライブドア事件 残された10のミ....... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 13:57

» ライブドア事件に付いての本が発売に [なんでも紹介]
追跡!ライブドア事件 残された10のミステリー これは、読んでみたい気がします。 3月11日に、『別冊宝島Real 追跡!ライブドア事件 残された10のミステリー〜闇社会への利益供与疑惑から国策捜査説まで!』タイトルのムック本が宝島社から 内容の一部に、情...... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 14:08

» 【ニュース】 ライブドア 宝島社から特集MOOKが3/11に発売 [すなっくのネット時代をぶっとばせ!]
ライブドア。  3月11日に宝島社からもろもろ特集したMOOKが出版されるようです。 追跡!ライブドア事件 残された10のミステリーAmazonで詳しく見る by G-Tools ・山岡俊介さん や ・野田敬生さん も執筆されているようなので買おうと思っています。 ライブドア関連ページ目次... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 19:44

» 国会の堀江メール事件は、「カノッサの『屈辱』となるのか? [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu of ODA Watchers]
今回の堀江メール事件は、民主党首脳部が全て、武部幹事長と小泉首相に跪くという、前代未聞の「屈辱的行為」によって終止符が打たれた。 ことの流れを見るに、おそらく、民主党の首脳部の心中は穏やかではなく、一種の「強制的な屈服、謝罪」という心象風景ではないか!? 「カノッサの屈辱」を、「ヨーロッパでは現在でも、「強制されて屈服、謝罪すること」の慣用句として用いられている。」と考えれば、形式的表現として、「国会の堀江メール事件は、民主党にとって、「カノッサの『屈辱』」」と言えるだろう。 ⇒参照 ... [続きを読む]

受信: 2006.03.07 01:24

» 国会の堀江メール事件は、「カノッサの『屈辱』となるのか? [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu of ODA Watchers]
今回の堀江メール事件は、民主党首脳部が全て、武部幹事長と小泉首相に跪くという、前代未聞の「屈辱的行為」によって終止符が打たれた。 ことの流れを見るに、おそらく、民主党の首脳部の心中は穏やかではなく、一種の「強制的な屈服、謝罪」という心象風景ではないか!? 「カノッサの屈辱」を、「ヨーロッパでは現在でも、「強制されて屈服、謝罪すること」の慣用句として用いられている。」と考えれば、形式的表現として、「国会の堀江メール事件は、民主党にとって、「カノッサの『屈辱』」」と言えるだろう。 ⇒参照 ... [続きを読む]

受信: 2006.03.07 01:28

« ズサンな口座管理を裁判所が認定ーー甲府信金の疑惑深まる | トップページ | <記事紹介>「ドン・キーのTOBに乗じて儲けたジャーナリスト」(『ベルダ』3月号) »