« <気まぐれコラム> | トップページ | 当局がいよいよ切り込む、“危ない企業”を介したホリエモンと闇社会の関係 »

2006.02.10

ダイナシティ所有不動産の債権者に、なぜかビーイング・グループ系企業が登場

●六本木3丁目の2棟は、現在もダイナシティが所有

 本紙は2月8日の「グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか?」タイトル記事のなかで、実例としてダイナシティを取り上げている。
 東京都中央区銀座8丁目のビルに、ライブドアファイナンスによって100億円もの根抵当権設定請求権仮登記が付けられていたことも触れているが、実はこの仮登記、港区六本木3丁目の2棟のビルにも設定されていた。ちなみに、ライブドアファイナンスといえば、つい最近、ライブドア本体へ毎月7000万円の黒字付け替えが行われていたことが判明したと報道された
 ただし、こちらの2棟のビルはいま現在もダイナシティが所有している(購入したのは05年4月)。つまり、こちらの分の売却益はまだダイナシティに入ってないはず。仮に根抵当額に匹敵する借入をダイナシティがしていたとして、それにも拘わらず、なぜ仮登記を外せたのか不可解だ。
 不可解なのは、その前に設定されていた27億円の根抵当権についても同様だ。
 この根抵当権、そもそもは複数の銀行が協調融資したものだが、05年11月、「E社」(91年4月設立)なる音楽系企業に債権譲渡されていた。そこで、どんな会社かと思って調べてみたら、わが国音楽界で一大勢力を誇るビーイング・グループ系だった。
 同グループの創業者で代表の長戸大幸氏の両親が役員に就いているし、代表は同グループの複数の役員を務めている。
 2006年2月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <気まぐれコラム> | トップページ | 当局がいよいよ切り込む、“危ない企業”を介したホリエモンと闇社会の関係 »

コメント

ライブドア事件に関連して、ダイナシティ―穴吹―慧光塾―安倍晋三―ヒューザーという繋がりが判明したが、穴吹という企業グループ全体の実態解明を進めるべきだ。
この事件とは、関係のないことかもしれないが、穴吹グループが運営する専門学校、学校法人穴吹学園「穴吹国際ビジネス専門学校」では、未成年者の生徒が飲酒・喫煙をしていても学校側は黙認をしている。また、問題教師がいても何ら対処を行わず放置するという有り様だ。
何かと問題があるだけに、実態を解明する必要性が高い。

投稿: 匿名希望 | 2006.02.15 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8586656

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナシティ所有不動産の債権者に、なぜかビーイング・グループ系企業が登場:

» 耐震偽造マンションとマンションを建てさせない方法 [お金持ちになりたいひとへ]
ホットブログに紹介してもらったら一日3000近くアクセスいただいたのに、きょうはいきなり1900に。うーん複雑なんって思ってたら・・・・ なんと!こないと思っていたベンヤミンさんのコメントがきました。なんかまた必死です。(笑)んで早速拝見させていただいて・・・・・ なんだよえらそーなこといってただの雇われ人かよ・・・と感じました。ごめんなさいね。気に触ったら。でもがっか�... [続きを読む]

受信: 2006.02.11 00:46

» ホリエモン関連の彼女たち, 島崎和歌子・高島彩・大原かおり [流転: Return to Forever]
もうホリエモン関連の記事はこりごりでアップするのを止めておこうと思ったのですが,今週の週間新潮で「玉の輿」が奈落の底へと足しげく通っていた女の子たちの記事があったので思わず書いてしまいます。 吉川ひなのちゃんは別格だったとしてここに載せた彼女達も「ホリエモ...... [続きを読む]

受信: 2006.02.11 01:27

« <気まぐれコラム> | トップページ | 当局がいよいよ切り込む、“危ない企業”を介したホリエモンと闇社会の関係 »