« 再度、金融庁に「上申書」を出された日本ファースト証券 | トップページ | <書籍紹介>『事件小説集 守銭奴たちの四季』(草野洋) »

2006.02.08

グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか?

 2月7日、ライブドア・グループ傘下のマンション分譲会社、ジャスダック上場の「ダイナシティ」は、ライブドアと資本・業務提携の見直しを含めた協議を始めたことが報じられている。
 東証2部の「ライブドアオート」といい、ライブドアのブランド力はもはやマイナスでしかないとして、今後もグループから離脱するところが次々と出て来ても不思議ではない。
 傘下の上場企業としては、こうすることで、投資家に安心感を与え、時価総額の回復を図り、経営を立て直したいのだろう。
 だが、そもそも本体のライブドアの決算が、こうしたグループ会社との間で複雑な操作がなされ、粉飾まみれとの疑惑が飛び出しているなか、その解明もまだこれからという現状で、グループ離脱に、投資家保護の観点からすればどれだけの意味があるというのか。
 ダイナシティを例に取れば、05年3月期の決算を見る限り、売上高は約528億円、経常利益は約33億円。売上高は年々伸び、経常利益も純利益も黒字を確保している。だが、その一方で、約260億円の有利子負債があるとされている。
 一方、ダイナシティは05年12月27日、東京都中央区8丁目のビルを購入している(根抵当権18億円設定)。同ビルは約1年余り後、東証2部上場「東理ホールディングス」(抵当権20億5000万円。設定者はエス・サイエンス)に転売される。抵当権設定状況等を見る限り、ダイナシティにはかなりの転売益が入ったようにも見える。
 だが、以前も指摘したように、東理ホールディングスを現在、牛耳っているのは株式ブローカーの世界では有名な福村康廣社長なのだ(代表を務める前出のエス・サイエンスと福村氏個人で40%以上保有)。
 2006年2月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 再度、金融庁に「上申書」を出された日本ファースト証券 | トップページ | <書籍紹介>『事件小説集 守銭奴たちの四季』(草野洋) »

コメント

オートはアップルあたりと合併でもしたほうがいいんじゃないかって気しますね。ガリバーはヤフーとついたし、まだまだ差は開くと思う。3年も赤字だった会社が、この状況建て直すような力あるとは思えない。
ライブドアと離れても信頼回復になるとも思えない。買収前の業績よりかなり悪くなりそう。

投稿: ネルオフ | 2006.02.17 13:38

どうしてヤクザの会社がTVコマーシャルを流せるんですか?

投稿: kawa | 2006.02.08 23:18

>また、マスコミ報道に関していえば、グループからの離脱が、
>あたかも信用回復に繋がるかのような姿勢で報道している
>のだとすれば、それはこの間、ホリエモンをさんざん持ち上
>げて来た愚を、さらに上塗りしている

これはもう、まったくその通りだと思いますね。
急に彼を非難し始めた評論家連中も。

投稿: AA | 2006.02.08 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8559871

この記事へのトラックバック一覧です: グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか?:

» ダイナシティ、ライブドアとの資本関係見直し [情報ブログ]
ライブドアと、傘下のマンション分譲販売「ダイナシティ」が、資本関係の見直し作業に入ったそうです。 いろいろな関係会社が、... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 13:29

» ライブドア傘下の2社がグループから離脱へ [絶望新聞]
ライブドア:傘下2社がグループから離脱へ ライブドア傘下のソフトウエア販売「ターボリナックス」と、サーバー運営の「メディアエクスチェンジ」は7日、ライブドアグループからの離脱姿勢を一層明確にした。 ライブドアが66%超を出資するターボリナックスの矢野広..... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 17:32

« 再度、金融庁に「上申書」を出された日本ファースト証券 | トップページ | <書籍紹介>『事件小説集 守銭奴たちの四季』(草野洋) »