« ライブドア事件の謎のカギ握る!? 注目の男が設立していたファンド運営会社 | トップページ | 大手損保で、支払い拒否が多発か »

2006.02.19

やはり橋脚も危ないーー偽装事件が突きつける、東京湾臨海道路工事への不安

 富山県と石川県を走る自動車専用道路「能越自動車道路」の建設工事(国土交通省発注)で、富山県の中堅建設会社が高架道路の橋脚を支える基礎ぐい工事で設計基準より細い杭を使用、ところが、チェック検査をスリ抜けるため、検査では基礎ぐいの直径を測ることから、直前に型枠を設置してコンクリートを流し込み、杭頭だけを太く見せる偽装工作を行っていたことを、2月17日の「読売新聞」朝刊がすっぱ抜いている
 後、この欠陥工事は発覚するが、それでも国土交通省は「業者に悪意はない」、「強度上問題はない」として処分をしていないという。
 それでなくても、基礎くい部分は地中に埋まってしまうため、欠陥工事を行ってもまず発覚しない。
 それを思えば、こうした欠陥工事は氷山の一角だろう。
 2006年2月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ライブドア事件の謎のカギ握る!? 注目の男が設立していたファンド運営会社 | トップページ | 大手損保で、支払い拒否が多発か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8731483

この記事へのトラックバック一覧です: やはり橋脚も危ないーー偽装事件が突きつける、東京湾臨海道路工事への不安:

» 三宅坂のH型鋼 [風はどこから]
ライブドアと狂牛病に押されて、ここのところ、耐震偽装問題が裏に入っている。本当は、伊藤公介という森派の集金マシンから、政権中枢へと、疑惑は一気に広がるはずなのに… ところで、耐震偽装は今に始まったことでも、マンションやホテルに限ったものでもない。ひとつ恐ろしい話を聞いた。 首都高の三宅坂付近(要するに永田町の横)が開通したのは、東京オリンピック(1964年)の少し前だったはずだ。 この頃も、ビルや高速道路には、「建築確認」という制度があり、とりあえず図面通り配筋した段階で、国交省のチェックを受け... [続きを読む]

受信: 2006.02.22 12:14

« ライブドア事件の謎のカギ握る!? 注目の男が設立していたファンド運営会社 | トップページ | 大手損保で、支払い拒否が多発か »