« 暴力団関係者に地上げを頼んでいた外資ファンド | トップページ | 「安晋会」会長は杉山氏とは別人だった »

2006.02.06

SFCGの“月次新規顧客数”疑惑

 かつて「商工ファンド」の社名で、国会でも追及された中小企業向け保証人付きローン会社(東証1部上場)。
 最近、「光通信」が保有株数をさらに上げ、11・07%で第2位の大株主だが、もちろん、筆頭株主は創業者で、社長を務める大島健伸氏のファミリー企業「ケン・エンタープライズ」で52・92%。
 そのSFCGの株を購入する際、投資家が参考にする重要な情報の一つに、同社が毎月発表する「月次新規顧客数」がある。
 新規顧客数が増えれば、それだけ売上高が伸びることが予測されるから当然といえば当然だが、実はこの数値が“水増し”されているとの情報が複数の元社員から本紙に寄せられている。
 その手口は、社内では“作り新規”と呼ばれ、ノルマ達成の圧力が強い中、大きな比重を占めているという。
「新規顧客を獲得するのは厳しいが、過去、借りてもらったことがあったり、追加で融資をすることはそれよりはるかに簡単です。そこで、実態はそうだが、当人ではなく、奥さんや兄弟などに適当に『○○屋』などと屋号を名乗ってもらって借り主にすることで、新規顧客と計算するわけです。
 2006年2月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 暴力団関係者に地上げを頼んでいた外資ファンド | トップページ | 「安晋会」会長は杉山氏とは別人だった »

コメント


12 :本当にあった怖い名無し :2005/06/05(日) 01:24:14 ID:tyRw7py50
集団ストーカー気持ちが悪い何が目的でこんなことをやってるんだろう?

集団ストーカー
個人の情報を不特定多数の加害者側が共有。
被害者を調査(盗聴・盗撮に及ぶ)被害者を囲み
個人情報を聞えよがしに「ほのめかし」「聞かせ」
「被害者の悪い噂をまき散らす」「被害者の対人関係の破壊」
被害者の行く先に偶然を装い「待ち伏せ」「つきまとい」
監視を気付かせる為に故意に存在をアピール。被害者にストレスを与える。
目的は被害者を精神的に追い詰め
「自殺させる」「切れさせて犯罪行為に及ばせる」
「精神病に仕立て上げる」合法的被害者の「社会的抹殺作業」。
加害者側が全てを仕掛けておいて被害者に濡れ衣を着せます。

(集団ストーカー関連のスレッドより引用)


始めまして、突然このような事を書き込んでしまって申し訳ありません。

山岡さんが、武富士問題でテレビで取り上げられる以前から、上記②のような事を体験してきました。私自身あまりに非現実的であったので、現実に起こっている現象から顔をそむけてきました。

私自身に起こったこと全てを、こちらに書き込む事が出来ません。

きっとお忙しい事と思います。ですが、何年かかってもいい、少しでもかまわないです。貴方の力を貸して欲しいです。

と訴えかけても、まだ私のほうは、何も手が打てずにいます。信用できる探偵もおらず、法外な調査費を吹っかけられたりと、どうしたら良いか解らずここまできてしまいました。


ちなみに上記メールアドレスはダミーです。

投稿: さとう かよ | 2006.03.22 18:24

SFCGは作新規の他に重大な粉飾決算を行っている。
新規件数もさることながら金融業にとって融資残高を伸ばすことは融資需要があるというバロメーターといっても良い。ところがSFCG内部では、表面上(帳簿上)融資残高が順調に推移していると見せかける為、不良債権を通常残高に組み入れている。その手法は、作り新規ゆえに過剰融資となり返済不能となった債権、延滞保証人が破産や行方不明となり
担保余力ゼロとなり、過去においては明らかに不良債権として融資残高から除外していたものを通常の融資残高としている。酷いものになると、過去既に貸倒償却した債権で、たとえば500万の債権を毎月1万円、5年後一括払いの償還で分割契約を結ばせ、それを500万の融資残高として計上している
恐らくSFCGが公表している融資残高の5分の1は、このような偽の残高であろう。

投稿: 旧社員 | 2006.02.08 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8525694

この記事へのトラックバック一覧です: SFCGの“月次新規顧客数”疑惑:

» ホームレスについて思うこと [お金持ちになりたいひとへ]
昨日大阪市のホームレスの件についてエントリーしたところ、大反響を頂きました。公務員話のときより大きな反響で、驚くとともに、さまざまな意見を拝聴しました。本来コメントいただいた方には、コメント欄でお返事したほうがいいのかもしれませんが、先日申し上げたようにコメント欄ではお返事をしないことにしています。のでエントリーにて再度意見を述べさせていただきます。 総括してすべての意見を見させていただ�... [続きを読む]

受信: 2006.02.06 21:58

» "大疑獄事件へ"立花隆さん,ホリエモン問題を指摘 [流転: Return to Forever]
立花隆さんがInternet Video; Video News.comで2006年2月3日外国人記者会見にて下記のタイトルで約30分に渡って熱弁をふるっている。 - ライブドアと女系天皇問題は小泉政権の致命傷となる - 野口氏の死はプロによる他殺 前半は靖国問題に対して,「論座」2月号の渡辺...... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 00:35

« 暴力団関係者に地上げを頼んでいた外資ファンド | トップページ | 「安晋会」会長は杉山氏とは別人だった »