« グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか? | トップページ | いよいよきな臭くなって来た楽天証券がファンド組成で関わる不動産会社取得物件 »

2006.02.09

<書籍紹介>『事件小説集 守銭奴たちの四季』(草野洋)

 50 70歳近いいまも、まったく危険を省みず(拉致、脅しを受けたこと数知れず)、最前線で事件取材ばかりやられているフリージャーナリストの草分けと言っていい大先輩の草野洋氏が新刊を出された。
 最近も、孫ほど若い全国紙社会部記者のなかには、亀井静香代議士疑惑、西武事件、不動産会社・セボンの問題などでお世話になった方も多いだろう。その事情通ぶりに加え、そもそも小説家指向だったとも聞く著者が、“事件小説集”を出したのだから、これ以上、生々しい作品はないのではないか。
 大手広告代理店の権力抗争のなかで、高級官僚のワナにはまり、オーナー家が巻き返しを図る「黒い触手」。長崎沖に沈没した漁船の遺体引き上げをやらない船会社への復讐を描いた「沈没船」。アメリカ人宣教師が滋賀県近江で布教活動。経営したメンソレータムの醜態と復活を描いた「琵琶湖の十字架」。非嫡出子が成長して金権代議士となり、義妹を暴力団に襲わせる「赤絨毯のピエロ」の4作品。
 発行は雷韻出版。2000円+税。

|

« グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか? | トップページ | いよいよきな臭くなって来た楽天証券がファンド組成で関わる不動産会社取得物件 »

コメント

ntiljpamh sghdf atso uxma wdzuhc czgvihf nljdr

投稿: ksfd dgykwnujt | 2007.10.01 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8574458

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『事件小説集 守銭奴たちの四季』(草野洋):

» 草野洋 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
く 草野洋 † 【くさの ひろし】 北海道夕張市生まれ 1934- 草野洋 『ODAの闇 正しく使われているのか、その真相を衝く』 『事件小説集 守銭奴たちの四季』 噂の仕置人 『ODAの闇 正しく使われているのか、その真相を衝く』 † 【K・ナ... [続きを読む]

受信: 2006.02.13 20:42

« グループ傘下企業は、ライブドアとの提携解消で再生できるのか? | トップページ | いよいよきな臭くなって来た楽天証券がファンド組成で関わる不動産会社取得物件 »