« 副社長元秘書に不当解雇と提訴された電通 | トップページ | またテレ朝幹部が不祥事? 国税局が異例の長期調査 »

2006.02.24

酒販組合年金144億円を溶かしたコンサルタントは、あのインぺりアル事件一味?

●逮捕されたコンサルタントと、今津雅夫氏は仕事仲間

 去る2月16日、警視庁捜査2課は、東京都港区在住の金融コンサルタント会社「ストラットモア」アジア統括事務所社長の砂古健を背任容疑で逮捕した。
 砂古は、全国酒販組合中央会の事務局長(当時)に、同会の年金資金144億円を海外に投資するように勧め、投資先のカナダの会社から約2億8000万円のリベートをもらっていた。これが02年12月から03年4月のこと。
 そして、わずか1年2カ月後、144億円全額が、同社の破綻により回収不能になった。。
 これに対し、今津氏とは、インペリアル事件におけるわが国での主犯とされる人物。
 彼は、年利率8.5%の高金利の上、元本も保証するファンドと謳い、わが国の数百人から約200億円を集めた。ところが、西インド諸島のグレナダ領にある銀行が破綻し、やはり全額約200億円が回収不能になったというもの。今津氏はこの投資ファンドグループの駐日代表の地位にあった。
 被害者は最初から詐欺話だったとして、04年には警視庁に彼を刑事告訴している。
 英国の警察はとっくにインペリアルグループの本部代表等の捜査に着手し、わが国警視庁にも事情を聞きに来ている。ところが、警視庁の対応は鈍く、未だに受理にすらなっていない。
 実は今回逮捕された砂古と今津氏は仕事仲間だったのだ。
 2006年2月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 副社長元秘書に不当解雇と提訴された電通 | トップページ | またテレ朝幹部が不祥事? 国税局が異例の長期調査 »

コメント

意外と単純な話なのに
http://gonbe.nobody.jp/kokudo2.htm
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5500/news/20060116i104.htm

みなさん

うまく振り回されてるなーと思ったもので・・・
http://www.asahi.com/politics/update/0226/004.html

少なくとも
山岡さんは影響力のあるひとだということがわかりましたよ(笑)
http://www.carview.co.jp/community/bbs/bbs104.asp?bd=100&ct1=104&ct2=3287&pgcs=1000&th=163515&act=th


失礼な書き方をして申し訳ありませんでした

投稿: すみませんでした | 2006.02.27 20:23

「私はあくまで今回の件に関して個別的に述べているわけですから。」と書いたのですが。。。そのリンク先はインペリアルと何か関係があるのでしょうか。

警察による違法捜査が世の中に存在することは事実ですし、警察側が圧力を受けるもしくは与える場合が現に存在することは知ってますし否定してませんよ。

貴殿が返事くださったので一応返答しますが。。。
私は【あくまで「インペリアル事件」の場合どうなのか】を聞いているので、貴殿のリンク先は意味をなしません。

こんなにいっぱい「法律もへったくれも」ないことがあるんですよーだからインペリアルの件もそうなんですよー・・・というのは
「そんなこともあり得る」の話にすぎず、「そんなことは考えづらい」という私の考えと同等もしくはそれ以下の蓋然性の話にすぎません。

繰り返しますが、私は【山岡氏に】、【蓋然性ではなく】【事実】はどうなのかを質問しているのです。

その事実を聞いたうえで蓋然性の高さを自分で判断、もしくは事実として認めたいと思っています。
せっかく二回も返事いただきましたが【私の】疑問に対応するものではありません。よって以降同様の内容をいただいてもかみ合いませんので。。。ここは山岡氏のブログですしループを避けるため返事はいたしません。
(なお、私はあなたの言っていることを否定しているのではなく「私の疑問の趣旨に対応していない」といっているだけですのであしからず。気分を害したらご勘弁を。)


投稿: 将鼓 | 2006.02.27 17:59

>リンク先がFORBIDDENに
確かによくなってますねえ
大変なんじゃあないでしょうか(笑)
http://gonbe.nobody.jp/tazeinibuzei.jpg

>また、「法律もへったくれもありませんよ」というのは私の疑問に対して、あまりに抽象的な返事であり
音声聴けますか?
http://gonbe.nobody.jp/sekuharasosyouya.htm
http://gonbe.nobody.jp/sittoruke.htm
http://gonbe.nobody.jp/kuchikomiya2.htm
http://gonbe.nobody.jp/koumotobougen.htm

>不受理が事実であり、
現実的には法律もへったくれもありませんよ
http://gonbe.nobody.jp/hidoihanasi.jpg
http://gonbe.nobody.jp/kokusonogenjitu.jpg
http://gonbe.nobody.jp/privacyleakage.htm

>正当な理由なく不受理をすれば司法警察員(および検察官)側は訴訟をおこされたりするリスクをおっている。
どうでしょう?
http://gonbe.nobody.jp/kyouhakuhouti.htm
選択権はだれにあるかですね
http://gonbe.nobody.jp/beerbond.htm

>こんな【目立つ事件】で、
http://www.akuroki.jp/tochigi_01.html

>単に告訴した側に形式的不備があったため不受理で
http://gonbe.nobody.jp/kuzunikakawaruna.htm
すでに逮捕されてる者の執行猶予中の関係者による今現在も続く一連の継続的な犯行です

まあ、学生さんにはわからないかもしれませんが
山岡氏の書かれていること
盗聴やら放火騒ぎやらには
見るものから見れば
現実味がありますよ
やられてる本人しかわからないこともありますからね

一度、音声だけでもよく聴いてみてくださいね
http://gonbe.nobody.jp/koumotobougen.htm
http://gonbe.nobody.jp/kyouhakuhouti.htm

あなたの知らないことは多いから世間にでるときは注意が必要ってことですよ
http://gonbe.nobody.jp/sinsa-user2.jpg
http://gonbe.nobody.jp/koremomatakaina.htm

投稿: 国土国土国土 | 2006.02.27 13:08

リンク先がFORBIDDENになってるものが多くよくわかりませんでした。具体例でしょうか?
また、「法律もへったくれもありませんよ」というのは私の疑問に対して、あまりに抽象的な返事であり、正直意味がないかと。
私はあくまで今回の件に関して個別的に述べているわけですから。
そもそも、私は世の中に「法律もへったくれも」ない事件が存在するということを否定する趣旨の文章は書いてませんので。。


私が山岡氏のこの記事について感じた疑問の概略は。。。

不受理が事実であり、不当なものであるとするなら、被害者側弁護士がボンクラでないかぎりは、
訴訟を含めなんらかの策を講じ得る。

つまり、正当な理由なく不受理をすれば司法警察員(および検察官)側は訴訟をおこされたりするリスクをおっている。

こんな【目立つ事件】で、リスク負ってまで【正当な理由なく】不受理にするとは考えられない。

単に告訴した側に形式的不備があったため不受理であった、もしくは、受理はされたが捜査中で
公訴提起に到っていないだけのどちらかなのではないかと【推測】しうる。

なので・・・
告訴が誰に対して、どのように(告訴書類の不備の有無など)行われたのか。
告訴してからどの程度の期間が過ぎているのか。
「受理にさえなってない」と山岡氏がいうのは不受理なのか、それとも受理された後で放置されているのか
知りたいなーというわけです。
それらが明らかになってないと、「なんか圧力が・・・」と匂わすこの記事には疑問をもたざるを得ない・・・ということです。


それより私が不思議なのは、この記事を読んだ人は、そういう疑問はでてこないのでしょうか?
それともインペリアル事件について激しく詳しい人ばかりで、その後、告訴がどのようになされ、なぜ不受理なのかご存知の方ばかりなのでしょうか?

「世の中裏がある」とか「裏で圧力が」とか、言うのもそれを非難するのも簡単ですが、
それを良しとしない立場のジャーナリストであるなら、精度の高い情報提供や批判をなすべきだと思います。山岡氏にはその能力があるんだし。

というわけで、山岡氏が受理さえされていないことに疑問を呈する記事を書くのであれば、
せめてそれが被害者側が不備無くなした告訴であったか否か、は最低限記すべき内容なのではと思った次第です。

山岡さん、「単に告訴した側に形式的不備があったため不受理であった」もしくは「受理はされたが捜査中で公訴提起に到っていないだけ」のどちらかではないのでしょうか?
真剣に興味があります


投稿: 将鼓 | 2006.02.26 17:35

投稿: clubshouko別館さんへ | 2006.02.26 13:27

こんにちは。いつも楽しみに拝見させていただいてます。
今回の記事については疑問があります。
長いのでhttp://plaza.rakuten.co.jp/clubshouko/diary/200602250000/のブログに疑問をかきました。
よろしければ、教えてください。

投稿: 将鼓 | 2006.02.25 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8821429

この記事へのトラックバック一覧です: 酒販組合年金144億円を溶かしたコンサルタントは、あのインぺりアル事件一味?:

» 沖縄密約否定の要請、麻生外相「なかった」 衆院委で [咲耶・世相WEBサーフィン]
政治の暗部としか言いようのないこの問題。。。 外務省元アメリカ局長の証言を真っ向から否定する政府。。。 [ asahi.com ]より 沖縄返還の密約否定「河野氏が要請」 元局長新証言 [ asah [続きを読む]

受信: 2006.02.25 03:53

» 告訴が受理されてない?(・_・;)なんか変だ [clubshouko別館]
■英国の投資会社インペリアル・コンソリデイティッド・グループが「年利率8.5%」「元本確保」をうたい文句にした金融商品によって日本国内で合計およそ120億円を集め、あげく破綻した『インペリアル・コンソリデイティッド・グループ』投資事件(以下、インペリア...... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 13:59

« 副社長元秘書に不当解雇と提訴された電通 | トップページ | またテレ朝幹部が不祥事? 国税局が異例の長期調査 »