« 東京地検が解明を目指すホリエモン“錬金術”、闇社会との接点 | トップページ | ヒューザー・小嶋社長証人喚問、ライブドア疑惑のどちらでも名前が出る安倍晋三官房長官の不徳 »

2006.01.17

「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(47)「ホリエモン」を出現させた世間の罪 

東京地検特捜部は16日、「ライブドア」が虚偽の事実を公表し株価をつり上げた疑いで、同社などを家宅捜査し50た。東京地検特捜部の捜査に日本中のメディアが、その間における「ライブドア=堀江社長=ホリエモン」に対する疑問、疑惑、矛盾などを「ここぞとばかり」に報じ始めた。その報道ぶりを見ていると、「ライブドア=堀江社長」に向ける国民の感情を代弁するかのような論調である。実際、どのメディアの報道をみても一旦は、頷ける内容に仕上がっている。そればかりか、記事の行間から「ざまあみやがれ!」「胸がスカッとした!」、といった声が聞こえてくるようだ。無理もない。近鉄球団買収に名乗りを上げた堀江社長はその後、ニッポン放送の買収、衆議院選挙への出馬と、あらん限りの話題を振りまきつつ一躍、IT時代の寵児に躍り出た。して、堀江社長の言動から繰り出される違和感、無礼な態度、日本社会にて受け継がれてきた伝統的概念や企業論理、秩序を無視したような振る舞い…、さらに、そこにやっかみ、ねたみ、憧れなどが加わったことで独特の、「ホリエモン観」を渦巻かせてきた。三十歳そこそこの若者が時価総額7000億円のIT企業グループのトップに君臨し、やりたい放題なことをやっているイメージを振りまいてきた印象をして、日本中の誰もが「ライブドアに関しては一言、言いたい」との心情になってしまったようである。それだけに、日本のマスコミにとってこれほどの“価値あるニュース”はそうそう、ないだろう。過去のリクルート事件やロッキード事件といったものとは比べ物にならないほどの…、日本列島という大スクリーンで上映されなければならない一大エンターテイメント事件である。でも昨日(16日)と今日(17日)は、新聞やテレビだけがホリエモン協奏曲を奏でているが、明日あたりから週刊誌軍団が本格的に乗り出してきて、「ライブドア=ホリエモン」の知られざる一面をこれでもか、これでもかと繰り出してくるはず。それも一見、ごもっともと思える論調の“似非良識”で大合唱をなるだろう。実際、東京地検の家宅捜査に早速、「新興企業にありがちな脇の甘さを感じる」(鉄鋼メーカー幹部)。ある大手証券幹部は「ザル法を逆手に取って、やりたい放題だった」と吐き捨て、ジャーナリストの大谷昭宏氏は「国としても企業倫理の無視には歯止めをかけなければならない。今回の捜査は、いい意味での国策強化の意思表明だ」。帝京平成大情報学部教授の鳥井守幸氏は「家宅捜索は、ルール無視、常識外れの手法がいつも通用するとは限らないということを示したものではないか」と分析。経済アナリストの森永卓郎氏は「東京地検は一石を投じた」と語っている。なるほど、堀江社長の言動には多くの違和感を覚えるし、ライブドアが今日に至った過程、手段には批判されるべきことも少なくないが、でも、彼を時代の寵児に祀り上げたのはその実、マスコミをはじめとする“日本の社会”であったはず…、彼を「セレブ族」や「ヒルズ族」の雄と持ち上げた背景には、「利益優先」「拝金主義」を煽る空気があったからである。堀江社長を射る前にまず、“ホリエモン”のような若者を出現させた社会の罪、彼をスターに仕立て上げて躍らせたメディアの罪、彼をここまでのさばらせた世間の罪、そして、ライブドアという企業に群がった関係者や企業の罪なども裁かれるべきであろう。さらに、この程度の若者を自民党が肩入れして立候補させ、その選挙応援に小泉首相の右腕と自認している武部幹事長までが駆けつけ、「堀江社長の若き情熱とアイディアで日本を変えていきたい」とのたまっておいて何を今更…、彼らも世間もみな、堀江社長に石を投げつける資格など、ないのである。今後、ライブドアに関する容疑は徹底的に糾明されなければならないが、だからといってそれが、「出る杭は打たれる」との、“日本式制裁”であってはならない。(冒頭写真は、05年大晦日、日本レコード大賞新人賞のプレゼンターを務めた時のもの)

|

« 東京地検が解明を目指すホリエモン“錬金術”、闇社会との接点 | トップページ | ヒューザー・小嶋社長証人喚問、ライブドア疑惑のどちらでも名前が出る安倍晋三官房長官の不徳 »

コメント

マスコミの罪、世間の罪とは言うが、中にはこんなブログを書いている人もいるようだ。

http://blog.goo.ne.jp/yamane_osamu/

かなり民度と知識レベルの高い人のようだ。上には上がいるものだな(ちなみにきっこのブログにもリンクが貼ってある)。

投稿: 通行人 | 2006.01.21 05:45

何を今更・・・って、
武部氏は「偉大なるイエスマン」ですから、
一貫性など関係ないのは当たり前ですね。

ホリエモンは、
武部氏が切って捨てたのではないですか?
1月17日、喚問の日にわざわざ。

投稿: de | 2006.01.20 04:17

何が言いたいのかよくわかりません。文章の流れがヘンです。
>最後の「出る杭は打たれる」との、“日本式制裁”であってはならない。
という結論はどこから導かれたのでしょうか?

それから、別にマスコミは国民の声を代弁しているわけではなく、いつまでたっても変わらない相変わらずの単なる偏向過熱報道(いいかもができた、という)にしか過ぎないと思います。過熱すると、すぐにいい加減になるのがメディアの悪い癖です。
実際今回の件も、テレビのみならず新聞ですらどこまでが事実なのか分かりにくいものが多くてあきれています。

投稿: goro | 2006.01.19 00:40

メディアの体質を上手く書いているのですが、大谷昭宏氏のコメントは要らないかなと。
自らの発言に責任を持たない人をジャーナリストとは言いません。

投稿: RAS | 2006.01.18 11:32

すみません。改行を入れてもらえると読みやすくなり、嬉しいです。改行がないと読みにくくて、読む気がうせてしまいます。

投稿: hts | 2006.01.18 02:10

今日という日に、ライブドアしか書かないというのでは、ジャーナリストの資質を疑うことになりますね。なんとかならないかな。

投稿: くるんくるん | 2006.01.17 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8205767

この記事へのトラックバック一覧です: 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(47)「ホリエモン」を出現させた世間の罪 :

» 不穏な4時のニュース・NHK、ライブドアのニュース [猫のあしおと]
 罪と言うがどれほどだろうか? 開けっぴろげな者ほど、その犯行を掴みやすいのも事実だろう。  隠蔽・隠匿体質ではない者を表面上・表現上支持する行為は罪ではない。そこまでは個々人の価値観の問題だ。... [続きを読む]

受信: 2006.01.18 01:34

» 地球の裏側の猿芝居 [ブラジリアン・ガールと不器用な俺の物語]
生意気に地球の裏側から論評してみる。 まっそういうわけでライブドアに捜査の手が伸びたらしい。ブログ界は大騒ぎである。どう論評しているかと言うと、一応それらしいことは書きつつも、結論としては ざまあみろ のようである。もうさすが日本人、機を観るに敏である。 つーか、違うだろ。 おめーら。目ん玉どこについてるんだっていうの。 今こそホリエを誉めてやれよ。 だれも誉めない今だこそ、誉めてやれよ。 ついこの間まで神の如く恐れていたくせに、 ひとたび風向きが変わるか否... [続きを読む]

受信: 2006.01.18 03:59

» ライブドア強制捜査は陰謀か? [小事多論]
ヒューザー社長の証人喚問と重なったことなどから、ホリエモンの強制捜査はヒューザー疑惑隠しの自民党側の陰謀という人が結構多いようです。 http://blog.livedoor.jp/twoic/archives/2006-01.html#200 [続きを読む]

受信: 2006.01.18 15:03

» ライブドア強制捜査は陰謀か? [小事多論]
ヒューザー社長の証人喚問と重なったことなどから、ホリエモンの強制捜査はヒューザー疑惑隠しの自民党側の陰謀という人が結構多いようです。 http://blog.livedoor.jp/twoic/archives/2006-01.html#200 [続きを読む]

受信: 2006.01.18 15:27

» 勇み足は或る意味で意図的だったと思うが、それは、メディア側の挑戦状だ [『海舌』 Kaisetsu by Kaisetsu of ODA Watchers]
⇒ライブドア捜索当時、日本では非常に少数の意見であった「Kaisetsu of ODA Watchers」の読みと、次の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)の趣旨は一致している。また、こうした、海外の良識派との事実認識の一致は、殆どの、我々の記事に見られることである。 by Kaisetsu of ODA Watchers ⇒【2006.01.17 Tuesday 00:12】 author : Kaisetsu of ODA Watchers | 近未来予測事項 | ライブドアの捜索は... [続きを読む]

受信: 2006.01.19 01:46

» 崩壊の前には金融の天才がいる! [大津留公彦のブログ]
ホリエモン事件の真犯人 [続きを読む]

受信: 2006.01.20 23:29

» 強制終了されたライブドア [iFinder 雑読乱文]
クリア画面の無いテレビゲーム 強制捜査以降、次々と明らかになっているライブドアの疑惑。偽計取引、虚偽情報開示、インサイダー取引、アングラマネー…。次から次へと止まることを知らない。ストップ安で株価は暴落し、倒産への道のりは秒読み段階に入った。 ホリエモンの手法は、株式分割や時間外取引など法スレスレの脱法行為と言われてきたが、どうやらそれ以上に違法行為そのものが行われてきたことが次々と明らかになってきている。「法に違反していない」「金さえあれば」といった言動には批判も多かったが、「保守的な... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 22:17

» Valium inj. [Valium without prescription.]
Barmeister com drink recipe italian valium. [続きを読む]

受信: 2007.06.30 02:24

« 東京地検が解明を目指すホリエモン“錬金術”、闇社会との接点 | トップページ | ヒューザー・小嶋社長証人喚問、ライブドア疑惑のどちらでも名前が出る安倍晋三官房長官の不徳 »