« 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 | トップページ | 竹中土木受注のダイオキシン類無害化工事に疑惑続々 »

2006.01.08

「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(46)「マネックス証券」の“企業モラル”

長い不況のトンネルから抜け出したかに見える日本経済、株価も昨年後半から一斉に上昇している。マスコミも連日、“株式投資を煽る”かのような記事を垂れ流し、一億総投資家の狂乱を発している。経済誌はもちろん、写50真週刊誌、女性誌までもがブームに乗り遅れまいとして、株関連記事を躍起に繰り出している。その様子は、バブル期の乱舞を彷彿させる。「プチ株でデート代を稼ぐ」、「女性の感性が選ぶ上昇する株一覧」、「百万円を一億円にした主婦」…、これだけ大きな音で奏でられたら、多分にその気になって当然だろう。して、若者から老人までが、株式投資に群がる。昔は株への投資は玄人筋(経済知識・株知識に精通している人たち)が主だったが、今は素人でも簡単に株が売買できるようになった。インターネットによる株取引が玄人と素人の境界をなくしたからである。本屋で「株投資入門」などのマニュアル書を購入し、ネット証券に登録するだけで、いっぱしの“投資家”になれる。して、コンピューター・ゲームをしているような感覚でキーを操作すれば、たちどころに株の売買ができる。スロットマシーンよりも簡単だ。昨年中旬からの株価上昇率は30~40%、株投資を始めた大部分の人が大儲けしたことだろう。PCのキーを叩くだけで数十万円、数百万円…、なかには何億円もの大金を手にした人もいる。一生かかっても貯められない大金を手にした幸運者?たち、彼らの有頂天がブームをさらに扇いでいく。汗して働くことが益々、バカらしくなって来る世の中だ。そんな中、インターネット専業証券のマネックス証券グループが、10万円を元手に小中学生にネットを通じた株式売買を体験してもらおうと「株のがっこう」を開校したという。元手の10万円はマネックス側が提供し、現金を参加者の口座に振り込んで株取引に臨んでもらうのが目玉で、生徒募集に約600人が応じた。さらに、1月下旬に始める株取引に備えて東京証券取引所で開いた授業には、課題の作文で選ばれた小5から中3の子どもと保護者ら28組が参加。授業は「お金の上手な増やし方」や株の売買の仕方といった基礎編から、日本マクドナルド・ホールディングスやモスフード・サービスの収益や株価の推移を例に投資のポイントを学習する実践編まで、本格的な内容だという。この報せに一瞬、「日本の社会もここまで麻痺してしまったのか…」と、唖然となった。なにも、子どもたちに「株の勉強」や「お金の上手な増やし方」を教えることが悪いというのではない。また、株式投資は立派な資産運営手段の一つであるからして、それ自体を否定しているのでもない。ただ、いくら「未来の顧客」を養成するためとはいえ、まだ十歳前後の子どもたちに“バクチ場”の醍醐味を味わってもらうよう誘導する企業戦略?はいかがなものかと、疑問を感じたのである。アメリカにも「中毒させるには早い方がいい」との言葉があるが、お金に執着するガキたちが増え続ける…、想像しただけで背筋が寒くなる。子どもが父親に、「お父さんは株で幾ら儲けたの」と聞いてきたら父親は、「子どもはそんなことに関心をもたないでいい。勉強しなさい」と叱るのが、真の教育であるはず。それを早くから“株投資”へ誘導するとは…、それも先生役を務める御仁が内藤忍(ないとう・しのぶ)マネックス・ユニバーシティ社長というから呆れる。トップが麻痺しているようでは企業モラル云々も、あったものではない。マネックス証券の誰がこんな企画、戦略を考え出したのか知らないが、日本の子どもたちの精神を蝕むようなことは絶対やめてもらいたいもの…、いや、証券会社だからこそ、日本の子どもたちの将来を考えるべくして、子どもたちに「人生には金よりもっと大切なものがある」ことを教えていかなければならないはず、それが「企業モラル」というものである。(写真は、今週発売の『週刊大衆』記事)

|

« 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 | トップページ | 竹中土木受注のダイオキシン類無害化工事に疑惑続々 »

コメント

これは、汗水たらして働いて稼いだところ、
円高を仕掛けられて、
微々たる利息で売れもしない米国債を買わされて、
あげくの果てには債権よりも
株式に投資するアメリカ人に
日本市場で優良企業の株を買いあさられて、
利益を根こそぎ持っていかれても、
日本人だったらそんな現実には目をつぶって
汗水たらして米国に貢げという内容ですか?

投稿: ドル基軸 | 2006.01.13 03:16

かつてアメリカで起きた「ブラック・マンデー」みたいな事が国内で起こると一体どんな大悲劇を生むのか、ぐらいは考えておいたほうがいいだろう。株で失敗した時のリスクは怖ろしくデカい、という事もアメリカ人は過去の経験から知っているはずなんだが、今やこの国のお上までもがRPG感覚で国経営……人生のリセットスイッチは何度も押す事は出来ない。

投稿: 通行人 | 2006.01.10 00:59

あなたのような頭の構造の人間が引退することがこの日本の越えるべき壁なんでしょうね。
自然に超えられそうですが。

投稿: 次世代型 | 2006.01.09 14:23

そうはおっしゃいますがマイクさん、こーいうの支持する人ってアメリカでは当たり前なんじゃないの、ってな調子が多いと思いますぜ。

投稿: n | 2006.01.09 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8061928

この記事へのトラックバック一覧です: 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(46)「マネックス証券」の“企業モラル”:

« 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 | トップページ | 竹中土木受注のダイオキシン類無害化工事に疑惑続々 »