« 道警による北海道新聞社長逮捕説のその後 | トップページ | 東京都が完成を目指す東京港臨海道路「臨海大橋」基礎ぐい耐震度にも疑惑浮上 »

2006.01.10

<記事紹介>「米国が北朝鮮に武力行使を準備」(『産経新聞』06年1月5日)

 50 タカ派の『産経新聞』は本紙のスタントスとは基本的に相容れない。しかし、昨年4月19日にも本紙で紹介したように、独自の情報ルートを持ち、たまに、他の全国紙では報じない“スクープ”をやるので、目の離せないメディアではある。
 その『産経新聞』がこの1月5日朝刊でまたまたスクープをやってくれた。
 昨年4月22日、米国は北朝鮮に「武力行使」の意向を伝え、その結果、北朝鮮は六カ国協議への復帰を決めたというのだ。
 そして、もし六カ国協議への復帰がなければ、軍事行動を取るべく、レーダに補足されにくいF117戦闘機を在韓米軍に派遣するなど、軍事行動の準備を着々と進めていたというのだ。
 2006年1月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 道警による北海道新聞社長逮捕説のその後 | トップページ | 東京都が完成を目指す東京港臨海道路「臨海大橋」基礎ぐい耐震度にも疑惑浮上 »

コメント

プゲラww
産経がタカ派??
単なる歴史捏造主義・極右のメディアじゃねーかよ!
従軍慰安婦や南京大虐殺を否定するような新聞の記事を真に受けるとは、ホントに呆れるね~

投稿: パシコン技師上級 | 2006.01.14 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8098870

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「米国が北朝鮮に武力行使を準備」(『産経新聞』06年1月5日):

« 道警による北海道新聞社長逮捕説のその後 | トップページ | 東京都が完成を目指す東京港臨海道路「臨海大橋」基礎ぐい耐震度にも疑惑浮上 »