« <記事紹介>「旧長銀破綻のウラで保身を図った詐欺師たちの手口」(『紙の爆弾』06年2月号。鹿砦社). | トップページ | <記事紹介>「米国が北朝鮮に武力行使を準備」(『産経新聞』06年1月5日) »

2006.01.09

道警による北海道新聞社長逮捕説のその後

本紙は05年12月7日、「道警が、裏金問題報道を逆恨みし、北海道新聞社長逮捕を臭わせ恫喝!?」なるタイトル記事を報じている。
 そのなかで、12月上旬を目処に、内部調査委員会が、裏金問題報道でねつ造記事がなかったか調査結果をまとめるとしていると記している。だが、その後、そういう報告があったとは聞かない。いったい、どうなっているのか。
 50結論をいえば、現場記者の抵抗に会い、内部調査は進んでいないようだ。
「経営陣側は正式な内部調査委員会を発足させるつもりだったが、それ自体、抵抗に会い立ち上がっていない。社長の取りまき連中が個別に調査に動いているというのが現状です。しかし、問題とされる記事に関係した記者は調査を拒んでいるため、調査できていません。
 それはそうでしょう。調査する以上、取材した者が実際に存在するか、その意図を正確に伝えているか等、確認が必要で、そのためには取材協力者を特定するのが大前提です。しかし、調査側はあろうことか、“場合によっては、その取材協力者の存在や、その内容を道警にいうかも知れない”と言ったそうですから」(事情通)
 そのため、7名とも言われる関係する現場の記者全員はネタ元を一切明かさないそうだ。
 2006年1月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「旧長銀破綻のウラで保身を図った詐欺師たちの手口」(『紙の爆弾』06年2月号。鹿砦社). | トップページ | <記事紹介>「米国が北朝鮮に武力行使を準備」(『産経新聞』06年1月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8079865

この記事へのトラックバック一覧です: 道警による北海道新聞社長逮捕説のその後:

» 気になる道新問題、現場が抵抗? & 俺が新聞社の社長になったらしてみたいコト [Asiajazeera]
道警による北海道新聞社長逮捕説のその後(ストレイ・ドッグ) うほっ!マジですか。 そこはかとない勘によると、現場グループはとことん筋を通しそうだ。 それにしても警察はしつこいな。 …あんまり関係ないけど、ふと俺が新聞社の(ワンマン)社長になったらどんな事がし..... [続きを読む]

受信: 2006.01.11 00:28

» 北海道新聞が危ない…ついに道警に謝罪か?怒れ560万道民 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
道警裏金疑惑を追及してきた北海道新聞が魂を売り渡そうとしている…。昨年裏金疑惑を抜いた記者が東京へ「栄転」したり,テレビに「栄転」したりしていた。もしかして手打ちをしたのかと危惧を抱いてはいたが…。ここに来て,経営陣が警察とバーターするとの観測も流れている。「道警による北海道新聞社長逮捕説のその後」では,(期待感も込めて?)やや楽観的に書いているが,どうも様子がおかしいようだ。 道新経営陣は�... [続きを読む]

受信: 2006.01.12 06:21

» ≪真実の鐘≫は、誰がために鳴るのか? [北海道どっと来夢]
まず、山岡俊介氏のブログ「情報誌ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)のエントリを2本ほど読んでいただきたいと思います。 ◆道警が、裏金問題報道を逆恨みし、北海道新聞社長逮捕を臭わせ恫喝!? ◆道警による北海道新聞社長逮捕説のその後 以前、このブログでも..... [続きを読む]

受信: 2006.01.12 21:31

» 道新が記者を守れば、道民が道新を守ります [5号館のつぶやき]
 今朝の朝日新聞を読んでちょっとドキッとしてしまいました。 北海道新聞がおわび 「道警の泳がせ捜査失敗」記事  実は数日前から、さらに遡れば去年の暮れからいろいろな噂が流れていたからです。おそらく最初の暴露記事が12月7日のこれだと思います。 道警が、裏金問題報道を逆恨みし、北海道新聞社長逮捕を臭わせ恫喝!?  道新が道警に脅されて、道警裏金追求問題で記事のねつ造があったことにされるかもしれないという危惧を持っていたようです。しかし、その後に続編が出た以下の続編によると、道新幹部に腐敗はある... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 15:18

» 北海道新聞の明日は民主主義の明日 [さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する]
今朝(17日)の朝日新聞に「道新おわび 道警『法的措置も』記事削除応じぬ場合」というタイトルで、さらに道警による謝罪要求が続いていることが報じられていました(道内・16頁)。いわば弱みを握られていったん屈服した道新側に対して、道警による恫喝がエスカレートしてきたという感を禁じ得ません。 「おわびと社内調査をまとめた同社の14日の記事について、道警は16日『納得のいくものではない』として問題の昨年の記事の削除と、社会調査記事の説明を求める文書を出した」 今回道警が不満とした道新14日朝刊の... [続きを読む]

受信: 2006.01.17 13:36

« <記事紹介>「旧長銀破綻のウラで保身を図った詐欺師たちの手口」(『紙の爆弾』06年2月号。鹿砦社). | トップページ | <記事紹介>「米国が北朝鮮に武力行使を準備」(『産経新聞』06年1月5日) »