« ライブドアの“偽装買収”企業親会社背後に山口組系企業 | トップページ | 田原総一朗氏、“ライブドアの闇”発言で、右翼団体が猛抗議 »

2006.01.29

<書籍紹介>『京都詩仙l堂に消えた女』(金沢誠)

 50 著者は、本紙・山岡にとっては、マスコミ界の大先輩である評論家・作家。
 長年、『週刊宝石』の記者をやられていて、特に芸能、放送業界の裏側には精通している。
 その経験を生かして、これまでも数々のミステリー小説を発表している。
 『視聴率殺人事件』(中央公論新社)、『シネコンの殺人』(同)、『逆転首脳人事』(徳間書店)、『芸能記者スクープの罠』(イーストプレス)、『芸能界マル秘連続殺人』(廣済堂出版)ーー『視聴率殺人事件』は、発売直後、ちょうど某テレビ局ディレクターの不正な視聴率操作が表面化し、特に話題を呼んだ。
  さて、この1月26日に出た新作は、京都の老舗旅館で他殺体で発見された人気ウエディングプランナーの死の謎を、元演歌歌手のワイドショーリポーター・小野寺美咲が追う。
 2006年1月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ライブドアの“偽装買収”企業親会社背後に山口組系企業 | トップページ | 田原総一朗氏、“ライブドアの闇”発言で、右翼団体が猛抗議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8396239

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『京都詩仙l堂に消えた女』(金沢誠):

« ライブドアの“偽装買収”企業親会社背後に山口組系企業 | トップページ | 田原総一朗氏、“ライブドアの闇”発言で、右翼団体が猛抗議 »