« これでも本当に牛肉輸入再開!?  2つの米国文書 | トップページ | 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 »

2006.01.06

某新興証券会社社長の資金源

 数年前、外資から買収して証券会社社長に収まっている野村證券OBの資金源に関し、関係者の間から疑問の声が上がっている。
 クレディ・スイス事件をご記憶だろうか。
 クレディ・スイスといえば、スイス2大銀行の一つだが、米国の金融グループを傘下に収め、グループ会社がわが国においてバブル崩壊後の90年代初めから、不良債権を抱えた生保や大企業に対し、デリバティブ(金融派生商品)取引を行うことで、不良債権を先送りできる違法な金融商品を売りまくり、大儲けした。この取引企業が週刊誌などで“飛ばし”企業として槍玉に上がり、99年11月、警視庁捜査2課はグループ銀行の東京支店長を銀行法違反(検査妨害)で逮捕している。
 2005年1月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« これでも本当に牛肉輸入再開!?  2つの米国文書 | トップページ | 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 »

コメント

キャピタル・パートナーズのほうかな?。

投稿: ラージャ | 2006.01.28 14:00

某証券会社って、まさかユナイテッドですか?。
自分はユナイテッドのベトナムファンドに既に投資してるんですが、危ないのでしょうか?。

投稿: ラージャ | 2006.01.28 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/8036438

この記事へのトラックバック一覧です: 某新興証券会社社長の資金源:

« これでも本当に牛肉輸入再開!?  2つの米国文書 | トップページ | 『政財界』の本紙・山岡への誹謗中傷記事に対し、武富士側が3000万円支払いの行動ーー寺澤有氏ブログの衝撃内容 »