« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »

2005.11.26

某右翼団体が、館ひろしに追及宣言

「西部警察」等人気シリーズで知られる俳優の館ひろし(55)に対し、最近、武闘派で知られる右翼団体が徹底追及すると文書を出した模様だ。
 入手した文書等によれば、右翼団体が槍玉に挙げているのは俳優の柴田恭兵とのコンビでヒットした「あぶない刑事」のキャラクターを使ったパチンコ台を巡るトラブル。
 04年始めから、今秋に同作品が7年ぶりに映画化されたことを見越し、関係者の間で話し合いが持たれ、最終的に今年1月、外資系広告代理店F社が間に入るかたちで、館、パチンコメーカーのS、東映セントラルフィルム関係者との間で、当初の契約代金として、(1)5万台のパチンコ台を制作し、1台当たり2600円支払う、(2)7万台を制作し、1台当たり2100円支払う、の2案が提示されるまで具体化していたという。
 2005年11月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.25

イーホームズ確認の東京都江東区マンション建設が、基礎杭工事に瑕疵が発生し建設中止に

●確認済証交付後、甘くなった設計変更を追認

 姉歯建築設計事務所が関わった耐震構造計算書の偽造問題で、偽造を見過ごしていたとして、いまやすっかり悪名高くなってしまった感のある国指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区。建設基準法違反の疑いで11月24日、立ち入り検査を受ける)。
 本紙既報のように、このイー社がやはり建築確認済証を交付していたマンション建設が、中止に追い込まれている。
 その現場は、東京都江東区内の9階建マンション(48戸)。確認済証が出たのは03年2月。
 5051 施工業者の三平建設が提出した書類では、同工事で使用する基礎杭(地面に深く打ち込み構造物の最も基礎になるもの)の数は32本、1本ごとの杭は溶接して継手する(1本が54Mと長いため)とのことだった。
 ところが、実際に現場で使用された基礎杭の本数は29本、継手は溶接ではなくボルト締めで行うものだった。
 これに関し、工事監理業者は設計変更確認申請はきちんとやり、イーホームズと協議済みだという。
 だが、その申請が出されたのは6月1日で、これは4月の基礎杭施行後だったのだ。
 変更内容は、施工側の負担が軽くなるもので、そこに何らかの問題はなかったのか。
 2005年11月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.11.24

ライバル企業顧客情報流出の背後に、日本オラクルの陰

 日本オラクルといえば、米国オラクル日本法人ながら東証一部に上場している、世界的なコンピュータソフト企業。だが、企業の経営資源を統合的に管理するERP製品分野では、ドイツのSAPが世界最大シェアを誇っており、オラクルは2番手に甘んじている。
 今年9月に入り、日本オラクルがこのSAPの「R/3」という商品を狙い撃ち、R/3からオラクル製品に乗り換えたら、料金支払い時期を猶予したり、ファイナンス制度を設けるとするキャンペーン開始を宣言したのも、それだけSAPが強敵であることを証明している。
 こうしたなか、本紙は重大な事実を掴んだ。
 このSAPの顧客名簿等、営業に関する重大な情報が多量に外部流出しているようなのだ。
 流出しているのはこのR/3等同社ソフトを使用している日本国内企業の顧客名簿(担当者・住所・連絡先等)に止まらない。SAPがいつ、どういう製品を売り、どれだけのユーザーが利用し、どのようにカスタマイズをしたか、さらにはこれから販売しようとしているリストまでも含まれているようなのだ。
 さる事情通はこう解説する。
 2005年11月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.23

タミフルだけじゃない。抗うつ剤の副作用の恐怖ーー米国コロンバイン高校銃乱射事件の犯人!?

●米国では販売停止も、わが国ではいまも販売中

 50コロンバイン高校銃乱射事件ーー米国コロラド州ジェファーソン郡のコロンバイン高校で1994年に発生。同校の生徒2名が銃を乱射し12名の生徒と教師1名を射殺、2人は自殺した。重軽傷者は24名。アメリカ史上最悪の学校における乱射事件だ。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02年制作)を観てこの事件を知った方も多いのではないだろうか。ムーア監督は、同映画で銃の蔓延する米国社会の苦悩を描いていた。
 だが、この事件にはもう1つの側面があった。
 わが国ではまったくというほど知られていないが、主犯の少年は多量の抗うつ剤を飲んでいた。そして、もう一人の少年も飲んでいた可能性が極めて高いという(医学的記録が封印されているため不明)。そして、2人をこの狂気の行動に駆り立てたのは抗うつ剤の副作用のためだったようなのだ。
 その証拠に、この銃乱射事件の遺族たちは、服用の事実を知り、主犯の少年が使用していた抗うつ剤「ルボックス」のメーカー・ソルベイ社を相手取り、副作用について適切な警告をしていなかったとして告訴。その結果、同社は2002年より同薬の発売を停止したという。ただし、米国内でのみ
 そのため、現在もわが国においては同名でアステラス製薬、それに「デプロメール」の名で明治製菓から堂々と販売され続けているという。(冒頭写真は事件当日の監視カメラに映った犯人の2人の少年)
 2005年11月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (22) | トラックバック (3)

2005.11.22

タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!?

●“発症”でなく、“感染”して48時間以内に飲まないと効果がない!?

 最近、新聞や週刊誌上を新型インフルエンザ対策として、タミフルの国家備蓄を急げといった旨の記事が賑わしている。
 こうしたなか、出て来たのが、タミフル服用後、異常行動で死んだという記事。現状、副作用かどうかは不明だが、米食品医薬品局(FDA)のデータでは、服用後の死者は世界で71名に上るという。
 タミフル礼賛に水を指す事実だが、しかし、新型インフルエンザが流行した場合、最悪、世界で1億5000万人が死ぬ可能性があるという世界保健機関(WHO)の見解の前には、本当に効果が期待できるなら無視していい数字かも知れない。
 50 だが、大手マスコミがほとんど報じない、もっと根本的な疑問がある。
 既報の記事を見ると、タミフルの効果が期待できるのは“発症”48時間以内に飲んでと記されている。
 しかし、なかには“感染”して48時間との記述もあった。
 そこで、本紙・山岡はあるウイルスの専門家に尋ねてみた。すると、“感染”して48時間以内、それも早ければ早いに越したことはないという。米国で12年間先端のDNA研究等をやり、イリノイ工科大学助教授(化学科)を務めた。ウイルスと感染の解説書も出している。
 考えてみれば、この薬はウイルスそのものを殺すのではなく、増殖を防ぐものだから当然。症状が出るほど、すでにウイルスが増殖してしまってからではもはや手遅れの可能性が高いわけで、素人でもわかる理屈だ。
 だが、そうなると大いなる疑問が湧く。
 権威あるわが国の研究機関「国立感染症研究所」のHPを閲覧すると、少なくともいまもっとも懸念されている致死率のひじょうに高いH5N1型の新型インフルエンザに関しては、これから出現が予想されるものだから未知数ながら、その潜伏期間は3ー4日とみているようだ(インフルエンザの潜伏期間:通常のヒトのインフルエンザの場合は1-3日間程度であり、鶏での高病原性鳥インフルエンザの感染は3-7日間と考えられる。ヴェトナムの例での鳥の接触から推定するとヒトでの高病原性鳥インフルエンザ感染の潜伏期間は3-4日程度という報告もある)。
 発症しないと、基本的に患者はタミフルを求めない。
 となれば、潜伏期間が3-4日ではほとんどの者は飲んでも手遅れではないか。
 こういうと、その研究者は「そうだ」と答える。
 では、備蓄しても無駄ではないか(2500万人分備蓄するとしており、その費用は数百億円になる)。
 また、その研究者は「そうだ」と答える。
 2005年11月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2005.11.21

<気まぐれコラム>

           <日々歳々>(13)

デミング賞を受賞された故西堀栄三郎氏が南極越冬隊時代に体験した話だ。南極で犬橇(そり)を使うために北海道から犬を連れていった。あるとき、その犬が鎖を切って日本の方角に向かって走りだした。それをみた西堀氏は興味を抱き、犬を観察するようになった◆犬を観察していると、ソリを引いての移動中に犬たちが一斉に立ち止まり、鳴きだした。そんなことが一日に何回もあった。西堀氏は、もしかしたら北海道にいる母犬を想って鳴きだしたのではないかと考え、日本に連絡してみた。すると、北海道にいる母犬も同じ時刻に遠吠えをしていたそうである◆南極と北海道で時間が合う偶然…、それも一日数回である。西堀氏はそれを「テレパシー」と言った。南極に連れて行かれた子犬を忘れられない母犬が一日数回、南極の方角に向かって『元気でやっているか』と、母性を発する。すると子犬もまた、母犬からの想いを感じて、『お母さん元気でいるよ』と応えたのだろう。
 2005年11月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(43)日本のTV番組の「幼稚さ」  

50 日本に出張中の11月19日(土曜日)、宿泊しているホテルで『脳内エステ IQサプリ』なる番組を観た。断っておくが、はじめからから同番組を観ようとして“フジテレビ”にチャンネルを合わせたのではなく、TVの電源を入れたらたまたま、この番組がはじまっていたのである。久しぶりに接した悪名高き日本のバラエティー番組…、でも当番組は一応、クイズ番組、バカ騒ぎする他のバラエティー番組とは違うと思い、チャンネルをそのままにした。当番組の放映時間帯は週末のゴールデン・タイム(7時~8時)、この時間帯はTV局にとって“勝負時間帯”、どの局も看板番組を投入する時間帯である。実際、番組スポンサーには日本を代表する大手企業がずらりと並んでいる。ところが、そのあまりにも「バカらしい内容」に辟易させられた。番組のキャッチ・フレーズは、「あなたの脳は疲れていませんか? 『脳内エステ IQサプリ』はあなたの疲れた脳をスッキリさせる『脳のリフレッシュ番組』です。ひねりの効いた良質の問題を解いていただくことで、脳をキレイにする」と謳っているが、そこには、娯楽性も、エンターテイメント性も、知性のかけらも感じられない。例をあげると、四角い紙の真ん中に小文字で「つ」と書かれてあるのをヒントに、ハサミとペンを使って『合格』を知らせる方法を考えなさいという問題。四角い紙の真ん中に『つ』と書かれてあるので『四っ角=しっかく』、つまり失格。これをヒントにしたところの正解が、四角い紙の真ん中に今度は『う』と書き、その四角い紙の一角を斜めに切って5角にすると、五角の紙に「う」という文字が書かれてあるので「五う角=ごうかく=合格」となるそうである。さらに、「宅配便で送られてくるはずの動物が届きません。送られてくるはずの動物はどんな動物でしょう」という問題の答えが、「届きません=トド来ません」ということで、「トド」が正解だそうである。なんともふざけた問題である。ただの言葉遊び、駄洒落を「IQサプリ」とする低次元のセンスもさることながら、このような番組をゴールデン・タイムに流すTV局の企画力に失望させられる。同番組を紹介しているHPには、「『脳内エステ IQサプリ』は、正解数を競うのではありません。正解を導くために、脳の分析力、 直感力、洞察力、計算力など、さまざまな脳の力を柔軟に使って、脳に磨きをかけていただくことが重要なのです。出題されるパズル問題は、脳を美しくするサプリメントと考えます」とあったが、文章に「届きません」という言葉が入っているからといって「トド来ません」となる問題が脳のサプリメントとは、笑わせる。同番組だけではない。いつだったか、夜の12時過ぎに放映していた若者向けのクイズ番組では、「パンダがいるのはどこの国でしょう」との問題が出され、答えを間違えた女性タレントが水着になるという、小学生の学芸会レベルの番組が放映されていた。いくら12時過ぎの番組とはいえ、このような番組を企画したプロデューサーの顔がみたいと思ったものだ。もちろん、これらは本格的なクイズ番組というよりも、お笑い番組としてのクイズだろうが、それでも、ここまで視聴者をバカにした構成、企画はいただけない。この程度のTV局でも何千億もの大金を出してほしがるIT企業がいるというから、今のうちに売り払ってしまった方がTV局にとって「またとない機会」かもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.20

<著書紹介>坂口優美『わたし、だまされました。ーー告発! ネットワーク・ビジネス』

 50 ネット・ワークビジネスーー何となくソフトで、いま風のビジネスのようだが、連鎖販売取引、要するにマルチ類似商法の別名。自分の傘下の販売員が売上げに貢献すれば、“不労所得”が入るシステムになっているので、強引な勧誘、不良在庫を抱え易いなど、様々な問題を内包している。
 本紙・山岡はかれこれ15年前、当時、興隆を誇っていたこの手の商法では最大手だった日本アムウェイに関する単行本『誰も書かなかったアムウェイ』(あっぷる出版)を出版。同社に訴えられ、5年にも及ぶ裁判に発展したが、全面勝訴し、同社は店頭公開を取り止めた。
 だが、その後も同様の商法を取る会社は次々と出現し、未だ、特に世間知らずの若者を中心に被害が続いている。
 本書はそうした若者を中心に、よく実態を知ってもらいたいということで、コミック(まんが)で訴えている。
 2005年11月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

華原朋美のファミリー企業が建設会社本社ビル買収

 そう、1995年9月、小室哲哉プロデュースによるシングル「keep yourself alive」でデビューするや、瞬く間にミリオンセラーを記録。ドラマやCMでも活躍していたが、98年の紅白歌合戦出演を最後に休業。その後、カナダへ留学、全米進出をめざす。現在、国内でデビュー10周年コンサートを行っている。一方、趣味の乗馬も高校総体に出たほどの腕前でよく知られている。
 50 ところで、華原朋美の一族が経営するT社(本社・墨田区)は一般にはまったく知られていない。
 このT社が今年3月、江東区亀戸駅近くの某建設会社の本社ビル(8階建て)を購入していたことが関係者の証言などからわかった。
 このA建設は創業50年以上を誇る総合建設会社。社長の趣味からなのだろう、各階内装はヨーロッパ王朝風になっており、外観も含め建設会社本社ビルには見えず、あたりでも異彩を放っている。
 2005年11月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »