« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »

2005.07.21

慧光塾“教祖”長男結婚式に著名タレント、安倍代議士後援会代表も出席

 2  本紙では、急死した慧光塾“教祖”の長男結婚披露宴の「座席表」などを入手、そこに出席していた安倍晋三代議士、貴乃花親方など著名人の存在を報じているが、紹介漏れがあったので報じておく。
 2005年7月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

JPB元幹部が立ち上げた会社でトラブル発生

 本紙では過去、、「日本プライベートバンキングコンサルタンツ(JPB)」なるプライベート・バンク(カネ持ちを対象にした資産運用、資産保全の私的銀行)について取り上げたことがある
 そこの元幹部が立ち上げていた、やはりプライベート・バンクにおいて、預けていた資産が資産運用の失敗等を理由に大幅減ないし皆無に、しかし、これは計画的な詐欺ではないかとする顧客が多数発生しているとの情報が飛び込んで来た。
 2005年7月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記者クラブ制度を考える訴訟で、本紙・山岡、証人出廷

●記者クラブ側と話し合えばいい?

 報道の在り方を考える上で極めて重要との判断から、この間、ずっとウォッチし続けている「記者クラブ制度を考える訴訟(原告は友人で、フリーライター仲間の寺澤有氏)の公判が昨20日午前11時より、東京地裁であり、この日は本紙・山岡が原告・寺澤氏側の証人として出廷し、証言した。
既報のように、本紙・山岡は、寺澤氏が報道する上で不利益を被ったと具体的に上げている2つのケースのうちの1つ、武富士恐喝未遂事件における大塚万吉氏(服役中。ただし、本紙・山岡は極めて作られた事件と考えている)の初公判で、記者クラブ用席が空いていたので座ったところ、寺澤氏と共に排除された関係にある。そこで、この日はその事実関係を中心に証言した次第。
 また、原告側弁護士から、武富士盗聴事件で、本紙・山岡は武井保雄・武富士前会長を刑事告訴した際、記者会見を行い、それには国内主要メディアはすべて出席したが、報道したのは寺澤氏が当時、連載していた『週刊プレイボーイ』における武富士関連記事においてだけだったと証言、大手メディアは警察発表があるまで基本的に報じず、それゆえ、記者クラブに属さない雑誌社やそこで書くフリーライターの存在意義は大きいのに、記者席が記者クラブ所属者記者だけで独占され、我々フリー記者が一方的に排除され、また判決要旨文の交付も記者クラブ所属記者だけにされるのもおかしいと主張した。
 2005年7月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.07.20

“教祖”の死去で慧光塾はどうなるのか?

●そもそもの松田教祖を担いで生き残り?

8 本紙で何度も報じている“謎のコンサルタント”=慧光塾。その代表だった光永仁義氏の死去でどうなるのか?
 ある関係者はこう見る。
「そもそも、手かざしなど宗教的なことを始めたのは光永氏ではありません。
 彼は立ち上げた光カメラ販売を破綻させた際、しばらく、安倍晋三代議士の山口県下関市内の実家に匿ってもらっていたんです。そのころ、手かざしなどをやっていた松田某が“がん治療”のためにたまたま下関入りしていて知り合い、本当に彼女が神がかっていると思った光永氏はこれが次の商売になると見て、彼女の参謀のような役割をして信者数を増やし、彼女が脳梗塞で倒れるや、その人脈をそっくり奪って彼女のやっていた真似を始めたんです」
 その松田某は倒れていまは車イス生活を送っているとはいえ、頭はしっかりしているという。そこで、この関係者は今後、この松田某を代表に担ぎ、慧光塾は組織を存続させる可能性はかなりあると見る。
 2005年7月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

鹿砦社・松岡社長、拘留理由開示請求法廷報告

●検察側のシナリオ通り、「証拠隠滅」の可能性アリとして拘留延長認められる

 本紙でも既報のように、本日13時15分より、神戸地裁において、月刊誌『紙の爆弾』等を発行している「鹿砦社」(本社・兵庫県西宮市)の松岡利康社長(7月12日、名誉毀損容疑で逮捕)の拘留理由開示請求の公判があった。
 傍聴者によれば、検察の作文のような文書を、若い裁判官が読み上げ、被告弁護人から突き上げられると「答えられない」、「分からない」の連続で、これが公正中立の裁判官の言葉かと驚かされたとのこと。
 拘留は、共犯者と共謀して証拠隠滅を図るため、という理由とのこと。しかし罪状のうち、阪神スカウトマンの件は、証言者も検察に出頭しているし、一方、アルゼとの件も東京地裁で民事で係争中。
 2005年7月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

お知らせ

 通知のように、本紙・山岡は自宅を放火されて以来、2週間近くもホテル住まいを余儀なくされましたが、ようやく新しい住居が見つかり引っ越しました。
 実は放火直後、同じマンション等の住民から、「怖いから、引っ越して欲しい」という電話が大家さんの方に何本も入ったそうです。本紙・山岡としても、同じ住居では再襲撃の不安もあるので引っ越した方がいいかもと思っていたので、そう決心した次第です。何しろ、最寄りの高輪署、それに警視庁本庁組対(暴力団専門の部署)の方からも保護願いを出した方がいいのではないか、と打診されたような状況なのです。
 さて、そういうわけで引越しすることとしたのですが、困ったことが起きました。
 新住居には電話登録がないということで、NTT局員が新住居を訪問しないと電話回線を繋げないとのこと。それで訪問日を聞いたのですが、何と今週末までスケジュールが一杯だというのです。
 そういうわけで、現在、何とか対策を考えておりますが、最悪、7月23日(土)まで記事配信はもちろん、メールも見れない状況が起きかねません。したがって、緊急にご用の方は、携帯電話の方にご連絡よろしくお願い致します。
 一方、先日、スタッフを募集させていただきました。
 こんなささやかなブログにも拘わらず、10名ほどの方から応募いただきました。誠にありがとうございます。
 引越しと同時に、事務所も構えることとしました。
 しかし、まだ事務所の方は契約をしたのみで、準備もこれからです。
 募集しておきながら、すいませんが、そういう状況でして、応募下さった方は、返事させていただくまで、もう少しお時間を下さい。少しでも早くなるように急ぎますので何卒ご了承下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.18

慧光塾“教祖”葬儀にも大物“信者”現れず

●東尾修元監督のみ通夜に参加?

 昨日の通夜以上に、本日の「慧光塾」“教祖”だった光永仁義氏の葬儀には、多くの週刊誌や写真誌記者等が取材を行った。 これまでの関係からして、葬儀には安倍晋三代議士や貴乃花親方といった大物、著名人が数多く出席するとみられていただけに無理もない。
 だが、長男の結婚式の際の参加者とは大違いで、2人はもちろん、他の著名人の参加も皆無といっていい状況だったようである。
「唯一、東尾元プロ野球西武監督だけが通夜に顔を出していたようですね。さすがに、安倍代議士にしろ、貴乃花親方にしろ、参加したら取材され、“信者”かどうかあれこれ聞かれることはわかっているから、事前、ないし事後に改めて個別にキチンと挨拶させてもらうということで、通夜、葬儀共に見送ったということではないでしょうか」(事情通)
 2005年7月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名誉毀損容疑で逮捕の鹿砦社・松岡社長、拘留理由開示請求でどんなメッセージが飛び出すか

●明日19日13時15分より、神戸地裁223号法廷で

本紙・山岡も寄稿している月刊誌『紙の爆弾』等を発行している「鹿砦社」(本社・兵庫県西宮市)の松岡利康社長が7月12日、名誉毀損容疑で逮捕されたのは本紙でも既報の通り
 出版を生業にした者が同容疑で逮捕されるのは、約30数年ぶりのこと。前代未聞といってもよく、まさに「報道の自由」が脅かされている事態なのだ。
断っておくが、筆者は松岡社長が名誉毀損をしていないといっているのではない。
 まだ起訴にさえなっておらず、したがって、裁判所の判決さえ出ようもないはるか以前に、捜査当局の独断で逮捕に踏み切ったことは、刑法230条の2第1項、「公共の利害に関する事実に関係することを、専ら公益目的で摘示した結果、名誉を毀損するに至った場合には、その事実が真実である場合は処罰されない」との特例をないがしろにし、憲法21条で保証されている「表現の自由」を脅かす事態だと言いたい。
 2005年7月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

慧光塾“教祖”通夜に大物“信者”現れず

●安倍晋三代議士、貴乃花親方も姿なく……

 本紙既報通り、昨17日、高野山東京別院にて、“謎のコンサルタント”=「慧光塾」代表・光永仁義氏(59)の通夜は行われた
 安倍晋三代議士貴乃花親方始め、熱心な“信者”も多いことから、その姿をカメラに収め、また感想を聞こうと、複数のマスコミが長時間に渡って張り込みを行った。
 2005年7月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.17

<新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)29  「イワシの頭も信心から」

会社が倒産した男が、宗教や通信販売がもうかると考え、自分だけに聞こえる「天声」を考案し、宗教法人を設立。そして、ゴーストライターに書かせた著書で足裏診断を宣伝、悩みを抱えて相談に来る信者から巨額の金を搾取した。さらに、新規に修行参加者を獲得すれば報奨金を出すシステムで信者を増やしていった。東京地裁は57月15日、宗教法人「法の華三法行(さんぽうぎょう)」(解散)の元代表役員・福永法源(ほうげん)に対して懲役12年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。13年の求刑に12年の判決は、日本の裁判所の“マニュアル的量刑”に照らせば厳しき量刑に入る。だが、福永被告の罪は百年の刑をもってしても赦されないものである。なぜなら、この世で最も残酷な罪とは、殺人や放火といった類の罪ではなく、藁にもすがりたい「信」を食い物にする“偽善”だからである。それにしても、詐欺師でも教祖様になれる日本はなんと純粋で信心深い国だろう、と思わずにいられない。実際、多神教の国である日本には現在、約18万の宗教法人がある。大は信者の数が数百万人といった宗教団体から、小は数十人のオカルト教団まで、そこでさまざまな教義が唱えられている。ただの「おっさん」を神格化している宗教団体もあれば、フリーセックスを唱える教団…、堂々と「株式会社」の形態をとっている宗教団体もある。なるほど、「信仰の自由」は「言論の自由」以上に尊き権利であり、信者にとってはそれがすべて…絶対的なものである。それだけに、個々の中に刻まれている「神」を差別したり、否定したりすることはできない。しかし、信じる対象が何であれ、信じることでもたらされる精神の救済、心の安泰、希望などに宗教の存在意義、使命を据えるならまだしも、宗教を“手段”として利用・悪用するのは“偽善”以外の何者でもない。とくに、金儲けに利用、権力維持の目的で宗教法人を運営しているに至っては、これほど重い「罪」はない。ある心理学者は「宗教は人間をコントロールできる唯一の存在である」と言ったが、人間、信じている時の心理状態は夢遊病と同じである。オウム真理教ではないが、殺人をも「善」と解釈してしまう洗脳、それが宗教の恐さだ。アメリカにも多くの宗教団体、無数のオカルト教団が存在しており、それぞれが好き勝手な教義をかざして「自分たちの信」に結束している。だが、それらが表社会に出ることはほとんどない。日本はその点、アメリカよりも「信仰の自由」が罷り通る社会のようである。とくに、宗教的には絶対、中立であらねばならないマスコミでさえ、特定の宗教団体に肩入れしているような振る舞いを平気でしている始末。たしか、福永被告が絶頂期の頃、某大手週刊誌で「福永法源の対談連載」を展開していたと記憶する。彼は毎週、著名人との対談で「神」だの、「天」だのと吼えていたわけだが、対談記事を読んだ読者の中には福永被告の言葉に影響されて入信した人もいるはずである。日本では、社会的責任を背負っている「公人」が特定宗教団体に肩入れしたり、また、有名人が広告塔になったりしていることに何の疑問も感じないようだ。無理もない。日本人は「イワシの頭も信心から」と思っている国民なので何事も…、どんなものでも信じさえすれば救われると“信じている”ようである。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2005年7月10日 - 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 - 2005年7月30日 »