« さらに深刻な基礎くい疑惑が浮上 | トップページ | なぜ、トヨタレンタカーだけ身分確認証が2ついるのか? »

2005.12.19

鹿砦社・松岡社長、本日、第2回公判。独房からのメッセージ

 本日、午後1時半より、神戸地裁101号法廷で、鹿砦社・松岡利康社長の名誉毀損に関する第2回50公判が開廷される。今回は検察側の証人調べで2名、各々主尋問1時間、反対尋問30分が予定されている。
 なお、未だに松岡社長は保釈となっておらず、公判終了後、再度、出される保釈申請が今度こそ認められるかも注目される。
 以下は、その松岡社長本人が、支援者等に宛てたメッセージの全文。

~第2回公判傍聴の皆様方への少し長いメッセージ~                                                                         2005/12/19

鹿砦社 代表 松岡 利康

 師走のあわただしいさなか、本日の公判に駆けつけていただき、本当にありがとうございました。
 本日は「阪神事件」の告訴人2人の証拠調べですが、球団関係者がこうして法廷に立つということは稀有のことであり、屈指の人気球団の背後で起きたベテラン・スカウトの不審死の謎を究明する糸口になるものと信じています。
 また、今日の言論弾圧事件にもっともらしい批評や報道をされたマス・メディアが、「マスコミ・タブー」といわれる阪神タイガース絡みの本日の公判について、どのような報道をされるのかも興味津々です。私たち鹿砦社の言論・出版活動のやり方を云々する前に、ジャーナリズム本来のきちんとした報道を望むものです。
 さて、7月12日の逮捕から早5ヶ月が経ちました。本日の時点で、私はいまだ勾留されたままです。「名誉毀損罪」容疑で出版人の逮捕は29年前の「月刊ペン」事件にまで遡りますが、これでも勾留25日です。私たちは今、この「月刊ペン事件」について学習・検討していますが、あらためて今回の私や鹿砦社に対する言論弾圧事件が、エポック・メイキングなことだということが判ります。
 ご存知の方もあるかと存じますが、「月刊ペン事件」は1審、2審敗訴、そして最高裁でよもやの大逆転で、この歴史的な判例は、その後の名誉毀損裁判の基準となっており、私たちもこれを元に今回の事件やこれまでの出版活動を検証しています。
 大半のマスコミ・出版関係者には、今回の言論弾圧に対して、いわば「鹿砦社だから仕方がない」というような“見棄て感”があるとのことですが、むしろ問題なのは、私の逮捕や鹿砦社に対する大掛かりな言論弾圧が既成事実となって、今後常態化していくことの危険性、そしてこのことに無自覚なことにあるのではないでしょうか。
 今回の弾圧で鹿砦社は、本社も支社も撤去を余儀なくされ、社員もほとんど散りました。わずかに、『紙の爆弾』編集長がひとり踏みとどまり、知人の出版社に身を寄せながら再起を準備しているところです。
 この『紙の爆弾』は、「たとえ便所紙を使ってでも出し続けて欲しい」という私の強い意志を汲み、発行ペースを落としつつも、志ある執筆者や支援者、元社員らの協力で何とか維持されており、年明け1月7日にも新しい号が出る予定です。発行部数2万部、マス・メディアに比すればアリのような存在ながら、手前味噌ですが、<いかなる不当な圧力には屈しない!>という私たち鹿砦社の原点がここにあります(「鹿砦」という社名の由来もここに在ります)。
 2005年12月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« さらに深刻な基礎くい疑惑が浮上 | トップページ | なぜ、トヨタレンタカーだけ身分確認証が2ついるのか? »

コメント

 
>今回の弾圧で鹿砦社は、本社も支社も撤去を余儀なくされ、社員もほとんど
>散りました。わずかに、『紙の爆弾』編集長がひとり踏みとどまり、知人の
>出版社に身を寄せながら再起を準備しているところです。
>皆様方と共に、愚直に最後まで貫徹することをお約束するものです。もし
>私が挫けそうになったら、ゲバ棒(古い!)でブンなぐっていただきたいと
>思います。
 
 私、正樹も、ささやかながら応援いたします!(^^ゞ
 

投稿: 正樹 | 2005.12.20 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7690209

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿砦社・松岡社長、本日、第2回公判。独房からのメッセージ:

« さらに深刻な基礎くい疑惑が浮上 | トップページ | なぜ、トヨタレンタカーだけ身分確認証が2ついるのか? »