« <記事紹介>クリスタル『派遣労働の闇』(毎日新聞。12月31日朝刊一面) | トップページ | マンション住民から駐車場代金を二重取りしていた!?  ヒューザー・小嶋進社長 »

2005.12.31

ジェイコム株で20億円儲けた無職男性の他の投資銘柄

 5051 みずほ証券による携帯電話販売会社「ジェイコム」株の誤発注に端を発し、千葉県市川市在住の無職男性(27)が約20億円の利益を得ていたことから、マスコミの格好のネタになったのはご存知の通り。
 2005年12月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>クリスタル『派遣労働の闇』(毎日新聞。12月31日朝刊一面) | トップページ | マンション住民から駐車場代金を二重取りしていた!?  ヒューザー・小嶋進社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7923160

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイコム株で20億円儲けた無職男性の他の投資銘柄:

» ぼろ儲けの「27歳」氏を例に、唯物史観が化石であることを示すと・・・ [『海舌』 Kaisetsu]
ODA ウォッチャーズは、かなり前から、「ロウドウシャ・カイキュウ」なんて、存在しないと言ってきた。つまり、「ロウドウシャ・カイキュウ」は、社会の主役から滑り落ちてしまっているのだ。 資本論は、ロウドウシャが、価値を創造する、と言う。 今、製造物の実体上の価値を創造しているのは、ロボットであって、人間では無い。価格の大部分は、広告宣伝費と、投資の備蓄だ。 社会的価値を創造する地位から、滑り落ちた「ロウドウシャ」は、既に、社会的存在とは為り得ない。 ぼろ儲けの「27歳」氏は、何かを創造している... [続きを読む]

受信: 2005.12.31 22:18

» ぼろ儲けの「27歳」氏は良いこと言っている [『海舌』 Kaisetsu]
日刊現代12月23日、証券バブル狂騒の現場の記事で、「ある証券会社の幹部が27歳の無職の男性(つまり、ジェイコムでも、シコタマ儲けた27歳氏)に会いに行ったが、その場で、「株の本を読んでも相場はうまくならない。ムダです。水泳の本を読んで泳げるようになりますか。大事なのはセンスと実践です。」 匿名掲示板に、本から得た知識と妄想から掲示し捲くる、「負け組み」の諸氏には、この意味すら分からないだろう。 本とは、情報の「屍骸」なのだ、ということを。 マニュアルも、他人の指導も、不要なのである。... [続きを読む]

受信: 2005.12.31 22:19

» 株で音楽、本を楽しもう ブログ開始 [㈱たぶの昼寝]
ついにブログ開始。 株・音楽・本を中心にブログを展開していく予定です。 社会人と [続きを読む]

受信: 2006.01.08 23:57

« <記事紹介>クリスタル『派遣労働の闇』(毎日新聞。12月31日朝刊一面) | トップページ | マンション住民から駐車場代金を二重取りしていた!?  ヒューザー・小嶋進社長 »