« <記事紹介>『鹿砦社事件の本質は言論大弾圧への予行演習』(インターネット新聞「JanJan」) | トップページ | 消滅に抵抗を続ける国際協力銀行 »

2005.12.23

耐震偽造事件のヒューザーと業務提携しているヘラクレス上場企業

 50 本紙は今年11月29日、「ヘラクレス上場企業、『被害者の会』集団提訴の動き」なるタイトル記事を報じている。
実はこの時点では不明だったのだが、その後、この疑惑のヘラクレス上場企業が、耐震偽造事件で捜査対象になっているあのヒューザーと業務提携を行っていたことが判明した。
 2005年12月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>『鹿砦社事件の本質は言論大弾圧への予行演習』(インターネット新聞「JanJan」) | トップページ | 消滅に抵抗を続ける国際協力銀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7791102

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽造事件のヒューザーと業務提携しているヘラクレス上場企業:

» 耐震偽装の問題は、国と地方の建築行政無能にこそ問題が在る [『海舌』 Kaisetsu]
今回の『耐震偽装の問題』は、全て、建築確認済みの建築物に対する被害であり、日本の建築行政が、安易な、「性善説」に依拠している、不完全で無能で信頼できない制度であることを明白に世間が知ったことこそ、最大の悪夢である。 また、ここで、素直に、この問題を探求して、行政の「不完全で無能で信頼できない制度」を認めた上で、一気呵成に、新しい「信頼できる制度」を形成する契機になれば、それもまた、転機へのチャンスである。 これまで、地震で倒壊した家屋についても、同様の懸念も拭えない。 そもそも、建築基準法に基... [続きを読む]

受信: 2005.12.23 23:01

» 【姉歯】住民、ヒューザー破産申立て検討【耐震偽装】 [Lawとバット]
「耐震強度の偽装が見つかった五棟の分譲マンションの住民が21日、東京都内で会見し、建築主のヒューザー(東京・千代田)の破産申し立てを検討していることを正式に発表した。申し立ては年明け以降になるという。」[日本経済新聞22日付] ということだそうです。 破産とは....... [続きを読む]

受信: 2005.12.24 04:30

« <記事紹介>『鹿砦社事件の本質は言論大弾圧への予行演習』(インターネット新聞「JanJan」) | トップページ | 消滅に抵抗を続ける国際協力銀行 »