« 耐震偽造事件のヒューザーと業務提携しているヘラクレス上場企業 | トップページ | <紹介>鹿砦社・松岡社長を支援する会HP、開設される »

2005.12.25

消滅に抵抗を続ける国際協力銀行

 国際協力銀行が、2008年の消滅がもはや既定路線といっていいなか、、しかし、自分たちの身分や協力関係にある外務省や財務省の省益のため、未だに抵抗を続けている。
 彼らが生き残りを目指す拠り所は、政府系金融8機関の統廃合を検討する経済財政諮問会議の基本方針文書中に「旧輸銀機能については、資源エネルギーや国際競争力確保のための融資を除き」完全民間移管するとなっている事実。ならば、この「資源エネルギーや国際競争力確保」のために存続しようというわけだ。
 そのため、国際協力銀行のHPを覗くと、最近、あらゆる融資案件を「国際競争力確保のため」の融資と称して対外宣伝するようになっていることに気づく。
 従来、「国際競争力」などという題目を掲げることがなかった融資案件についてまで、今やほとんどすべての融資案件についてそう謳っている。
 また、旧輸銀機能の存続を図るため、これまでの融資に関し、実態とは著しく異なった成果を強調する一部関係者がいるが、この点も要注意だ。
 例えば、援助機能である円借款と政策金融機能である貿易投資金融を複合的に活用することにより、日本の対外経済協力の効果が高まるといった主張もその一つ。
 だが、特に欧米先進国においては、経済援助と貿易投資金融(国内大手企業の海外プラント建設などに低利融資)を抱き合わせで実施することは、経済援助という美名の影に隠れて、実際は自国産業の利益誘導を目的とする資金支援を行う、いわゆるダーティ・アンタイドやアソシエイテッド・ファイナンスと呼ばれる違反行為を行っていると見なされるのだ。
 2005年12月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 耐震偽造事件のヒューザーと業務提携しているヘラクレス上場企業 | トップページ | <紹介>鹿砦社・松岡社長を支援する会HP、開設される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7827240

この記事へのトラックバック一覧です: 消滅に抵抗を続ける国際協力銀行:

« 耐震偽造事件のヒューザーと業務提携しているヘラクレス上場企業 | トップページ | <紹介>鹿砦社・松岡社長を支援する会HP、開設される »