« 東京地検も注目ーー破綻直前、旧長銀資産が譲渡された大手レジャー会社に、多数の旧長銀幹部が天下り | トップページ | 耐震偽造事件で発覚ーー上場企業子会社に、マンション販売詐欺疑惑 »

2005.12.21

<書籍紹介>『武富士追及』(三宅勝久。リム出版新社)

 50 大手マスコミが広告費漬けで報道しないなか、執拗に武富士の営業における問題という“本丸”を追及し続けたのがジャーナリスト仲間の三宅勝久氏と、媒体を提供した『週刊金曜日』だった。
 お決まりのように、広告になびかない者には、豊富な資金を背景に高額訴訟を提起し、言論封殺を図ろうとした武富士ーー本書はその言論弾圧裁判1000日の闘いの記録だ。
「三宅さんの取材記事は、利息制限法違反の違法金利で利用者の支払い能力を超えた過剰融資を行う一方で、違法な取立て・第三者請求を繰り返す武富士の業務実態と深刻なサラ金被害者の実態を鋭く告発した。また、武富士社内における武井前会長の異常な独裁体制と社員の人権を無視する過酷なノルマ体制を暴露した……」(弁護士・宇都宮健児氏の推薦文より)

|

« 東京地検も注目ーー破綻直前、旧長銀資産が譲渡された大手レジャー会社に、多数の旧長銀幹部が天下り | トップページ | 耐震偽造事件で発覚ーー上場企業子会社に、マンション販売詐欺疑惑 »

コメント

うろ覚えなので元社員に尋ねるのが一番正確ですが、
サンジュウミとは
「31未」と書き、入金遅れ一ヶ月以内の債権を指す武富士用語だと、私は理解しています。

三宅勝久

投稿: 三宅勝久 | 2006.01.04 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7762173

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『武富士追及』(三宅勝久。リム出版新社):

» 武富士の「バキ」会話〜で,「サンジュウミ」って,やっぱり貸し付けのこと? [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
日弁連など主催の「サラ金・クレジットの高金利を考える」というシンポでの報告書に,武富士統括本部長武井健晃(現代表取締役兼専務執行役員)が,大阪市内の数店の支店をまとめるブロック長にかけた会話が収録されている。このような会話は「バキ」(罵倒と檄をかけたもの?)と呼ばれているらしい。 (平成15年7月23日) 武井:おお,今日,5520万でしょう。 ブロック長:あっ,はい,そうでございます。 武井:で,いくら,今?... [続きを読む]

受信: 2006.01.04 09:27

« 東京地検も注目ーー破綻直前、旧長銀資産が譲渡された大手レジャー会社に、多数の旧長銀幹部が天下り | トップページ | 耐震偽造事件で発覚ーー上場企業子会社に、マンション販売詐欺疑惑 »