« 久間章生代議士と日本道路公団傘下企業との緊密さを物語るビデオ出回る | トップページ | ソニー生命、架空契約で最高位営業マンを懲戒解雇 »

2005.12.29

<記事紹介>「ベストライフ『病院経営』の実態」(『ベルダ』06年1月号)

 50 首都圏では最大規模、TVCMも展開し、近い将来の上場を目指しているといわれる有料老人ホーム経営大手「ベストライフ」(本社・東京都新宿区)。同社は現在、「寿光会」という東京都青梅市内の医療法人社団の2つの病院も経営している。
 ベストライフは同病院の最大債権者であることを背景に、この間、寿光会について民事再生法の申請、そして職員の大幅リストラ、病院建物の競売、さらに組合事務所の強制撤去と、TVCMからは窺い知れない動きを見せている。
 2005年12月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 久間章生代議士と日本道路公団傘下企業との緊密さを物語るビデオ出回る | トップページ | ソニー生命、架空契約で最高位営業マンを懲戒解雇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7896133

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「ベストライフ『病院経営』の実態」(『ベルダ』06年1月号):

« 久間章生代議士と日本道路公団傘下企業との緊密さを物語るビデオ出回る | トップページ | ソニー生命、架空契約で最高位営業マンを懲戒解雇 »