« <紹介>共謀罪がわかるDVD発売開始 | トップページ | <記事紹介>連載「現代金融詐欺の正体」(『別冊BUBKA』) »

2005.12.05

「教授」の肩書きが20万円で買える実例

 本紙は昨日、「“日本にいて1年でMBA取得”を売りにする怪しい米大学の広告塔を務める各界著名人」なるタイトル記事を報じた。
 すると、すかさず読者から、以下のような、10万円で「名誉教授」、20万円(共に年間)で「教授」の肩書きを買わないかとの案内文書があるとして提供を受けたので、それを掲げておく。
 50
 2005年12月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <紹介>共謀罪がわかるDVD発売開始 | トップページ | <記事紹介>連載「現代金融詐欺の正体」(『別冊BUBKA』) »

コメント

株式会社イオンド大学 ですからね。

http://denpauyo.gozaru.jp/IOND/

投稿: 酔うぞ | 2005.12.06 10:11

10月末に、ヤフー・オークションで
「ほりえもん.net」をはじめ幾つか
のURLが売りに出されましたが、
URL登録者を調べるとイオンド大学
日本校ばっかりだったので、どんな
大学やねん、と思ってました。
なお、イオンド大学日本校は「ほり
えもん」「ホリエモン」の商標登録を
出願していましたが、先週末の報道
によると却下されたようです。

投稿: 大雀 | 2005.12.06 05:06

 ここは、spam勧誘を行ったため、有名ですね。
学長の「ジョージ森下」や創立者の「中杉弘」や、and検索で「ラーメン花月」をチェックしてみると、だいたいのことはわかります。

投稿: 野良猫 | 2005.12.06 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7482771

この記事へのトラックバック一覧です: 「教授」の肩書きが20万円で買える実例:

« <紹介>共謀罪がわかるDVD発売開始 | トップページ | <記事紹介>連載「現代金融詐欺の正体」(『別冊BUBKA』) »