« エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 | トップページ | 苫小牧原油タンク作業で18名水銀中毒事故、国策遂行のため労災認定潰しか!? »

2005.11.15

し尿処理場談合疑惑ーー下関市長、無駄使いした約3億円の税金を支払えと提訴される

●15億円でもできる工事が、倍近い28億1400万円で締結

50 本紙は11月13日、「下関市し尿処理場談合疑惑ーー監査委『談合事実ない』のお粗末」なるタイトル記事を報じたが、そこでこの結果に絶句した、下関市民で同市民オンブズマン「小さな風からの会」会長でもある浜砂省三氏が、予定通り、11月9日、江島潔下関市長に対し、3億996万円の損害賠償を求めて住民訴訟を山口地方裁判所に提起していたことが判明した。
 下関市は、事前に談合(官製含む)情報が寄せられたにも拘わらず、入札を強行し、結果、クボタが28億14000万円でし尿処理場建設工事契約を締結した。
 だが、入札参加できなかったメーカーA社幹部は、この工事は自社なら20億円、場合によっては15億円でも出来ると浜砂氏に語ったそうで(田辺ヨシコ市議も同席)、想像を絶する差がある。
 市民オンブズマンによる過去数年間の談合問題調査の経験からいっても、談合がなかった場合、落札価格の80%を越えることはなかったはずで、29億8100万円(消費税抜き)×0・8=23億8480万円。消費税を含めても、25億404万円で済むわけで、実際の落札価格との差額は最低でも3億996万円になる。
 地方自治法第2条第14項は「最小の経費で最大の効果をあげるようにしなければならない」、地方財政法第4条第1項は「最小の限度を超えて、これを支出してはならない」と規定しているが、今回の談合はこれをまったく無視している。そして、江島市長はこの談合を知っていたか、知りうる立場にあったのに違法に支出させたとして、この3億996万円を支払うように求めた。
 2005年11月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 | トップページ | 苫小牧原油タンク作業で18名水銀中毒事故、国策遂行のため労災認定潰しか!? »

コメント

山岡さんの下関の談合疑惑追及に期待しております。
今、下関はヒキタと言う一人の人物により公共事業をはじめ全ての事業がまともな仕事が出来ない状況です!
大手の建設会社は下関と言うだけで全て辞退して行きます。
この事は30万人都市として恥ずかしい事です。
私も貴殿に負けずにこの人物を徹底追及し、その背後にいる人物共々抹殺する所存です。
是非下関のためにも大いに追求する手を緩めないで下さい。

投稿: 高杉晋作 | 2005.11.15 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7116678

この記事へのトラックバック一覧です: し尿処理場談合疑惑ーー下関市長、無駄使いした約3億円の税金を支払えと提訴される:

« エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 | トップページ | 苫小牧原油タンク作業で18名水銀中毒事故、国策遂行のため労災認定潰しか!? »