« 下関市し尿処理場談合疑惑ーー監査委「談合事実ない」のお粗末 | トップページ | エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 »

2005.11.14

西川善文元三井住友銀行頭取は、郵政持ち株会社社長になる資格があるのか

●自宅疑惑に答えるのは、国民に対する義務

 あの西川善文氏が、何と07年10月の郵政民営化で発足する持ち株会社「日本郵政株式会社」の初代社長に就任することが11月11日、決まった。
 本紙が「あの」というのは、もちろん、何度も報じて来た彼の自宅疑惑のことを指す。 このような倫理観の欠如した人物を、「国家的な使命」(西川氏本人の言葉)に就けて本当に大丈夫なのか。
 例の村上世彰氏による阪神電鉄株買い占めそして楽天によるTBS買収問題等のなかで、西川氏と、イトマン事件に繋がるきな臭い旧住銀人脈が村上、楽天側に付いていた事実が表面化。さすがに、「儲かれば何でもアリ」同士だなあと、世間も気づきかけて来たと思っていたら、今回の人事である。
 2005年11月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 下関市し尿処理場談合疑惑ーー監査委「談合事実ない」のお粗末 | トップページ | エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7082699

この記事へのトラックバック一覧です: 西川善文元三井住友銀行頭取は、郵政持ち株会社社長になる資格があるのか:

» 郵便貯金を喰らう西川某について [反戦な家づくり]
先日の夕刊で、日本郵政株式会社の社長に西川善文氏 と言う記事を見て、「やはり」という感じと、「ここまで露骨にやるか」という驚きをを感じたのだが、先ほど山岡俊介氏のストレイ [続きを読む]

受信: 2005.11.15 00:48

« 下関市し尿処理場談合疑惑ーー監査委「談合事実ない」のお粗末 | トップページ | エイベックス糾弾右翼のネタ元を必死で捜す警視庁の背後に、元警視総監エイベックス顧問の影 »