« タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!? | トップページ | ライバル企業顧客情報流出の背後に、日本オラクルの陰 »

2005.11.23

タミフルだけじゃない。抗うつ剤の副作用の恐怖ーー米国コロンバイン高校銃乱射事件の犯人!?

●米国では販売停止も、わが国ではいまも販売中

 50コロンバイン高校銃乱射事件ーー米国コロラド州ジェファーソン郡のコロンバイン高校で1994年に発生。同校の生徒2名が銃を乱射し12名の生徒と教師1名を射殺、2人は自殺した。重軽傷者は24名。アメリカ史上最悪の学校における乱射事件だ。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02年制作)を観てこの事件を知った方も多いのではないだろうか。ムーア監督は、同映画で銃の蔓延する米国社会の苦悩を描いていた。
 だが、この事件にはもう1つの側面があった。
 わが国ではまったくというほど知られていないが、主犯の少年は多量の抗うつ剤を飲んでいた。そして、もう一人の少年も飲んでいた可能性が極めて高いという(医学的記録が封印されているため不明)。そして、2人をこの狂気の行動に駆り立てたのは抗うつ剤の副作用のためだったようなのだ。
 その証拠に、この銃乱射事件の遺族たちは、服用の事実を知り、主犯の少年が使用していた抗うつ剤「ルボックス」のメーカー・ソルベイ社を相手取り、副作用について適切な警告をしていなかったとして告訴。その結果、同社は2002年より同薬の発売を停止したという。ただし、米国内でのみ
 そのため、現在もわが国においては同名でアステラス製薬、それに「デプロメール」の名で明治製菓から堂々と販売され続けているという。(冒頭写真は事件当日の監視カメラに映った犯人の2人の少年)
 2005年11月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!? | トップページ | ライバル企業顧客情報流出の背後に、日本オラクルの陰 »

コメント

なお、、例えば、、シャープ早川徳次氏系統の戸籍を狙うのに、、阿倍野区に暗躍してる黒幕が、
韓国系の朴大統領の父が作ったとsれる芸能人脈、特に在米での、、らが、
半氏らすり替わり人脈と連動してるなら、
こういう過程をたどるのでは??
1 まず、ターゲットに親身に近づき家庭内へ未着するA
2  同族、同じDNAのテロタイプに育ったBソックリさんがすり替わり、ホロオーストがはいめられる
上記は、エリアを限定し、
地域ごとに組織的に起こされるため、
所轄主義では、訴える先もない。
国、マスコミが外国資本に乗っ取られていては、
さらにどうしようもない。。
一時、ターゲット以外を老人施設などに移し、
ターゲットの記憶も思い出品の略奪も完了した後に、
退去させていた老人を戻し、一件、すぎこしの祭りの前と変わらない状況に戻し、高齢化、障害者の街に戻した後、再び、Bが数年後にテロ化工作始める??
占領者として移民してきた子供たちが、
平気で日本人であることにこんなテロリズム、ホロコーストがあったと気がつかないようにと、、ネ!?
こんな風に偽造された平和の末裔って、、どうなんだろう?
夢や希望に値すると思える?

投稿: タコリン | 2014.06.16 09:40

テロ医療の診断自体が、ばかげたものの中で、
つまり、厚生省が労働省と合体し、にせ医者、なりすましが、国公立大学医学教授になりはじめた時点で?すでに、阪神大震災前には躁病に見られたとする二重人格という異常が、
多重人格にかわり、統合失調症という判断基準が定かでない病名が作られていて、
それを元に、厚生省がテロ医薬を認可させ、
精神の後輩へ導いていく。。というシナリオが実行されてるのではないか?
病気を作ることでその研究が認められるのは、
人類史の黒死病やハンセン病と同じ。。?

投稿: タコリン | 2014.06.16 09:18

大切なことは、、?
昭和天皇が崩御直後に、慌ただしく、キコさんの皇室入りが喪中にもかかわらず、大々的に行われ、
彼女の表向きの父親だとされる川嶋、学習院大学教授は、敗戦後のペニルベニア大学で6年間、大学人としてのプロフィールと妻を得、キコさんを妊娠して、帰国直後に日本で出産したということになってる。。?
もし?阪神大震災、911テロをきっかけに、
それまでの人類史が米軍ペンタゴンやカトリックローマ教会繋がりで伝承を記録され続けていた資料が一気に破壊されたのなら、、、
異常なカルト信仰に特徴の、
人間はいつでも何をしでかしても、まるで!パソからデータを消去するように消し去れ、新しい真っ白な紙にまた、人生を刻み始めれる、、というようなテロリズムと背中合わせの信仰の信者たちが、正義を掲げてテロリズムを押し進めたということが想像できないだろうか?
なお、キコさんは、皇太子妃を引き立てるのではなく、ノーベル賞パーティーのスウェーデンにも正装で訪問している。。
カリフォルニアのまちが障害者モデル地域という反面、テロ医療を噂されていたが、、
スウェーデンでも同じく、心理学、大脳生理学、精神科学研究で、オキシトシンで動物のように人間を結びつけたり、ドーパミンで浮気心を高揚させたりというような、研究に熱を入れてる?
もっと、まともに研究すべきことが予算の使いようがあるだろ!タワケ!こんな経済支配者らが支配する社会にどんな希望があり得る?
そんな陳腐な希望しがない世界なら、人としての生きてる意味をみいだせるだろうか?
アホクサ。。(苦笑)

投稿: タコリン | 2014.06.16 08:57

他方、日本でも、筑波学研都市で精神科に殆どが掛かっていると、
心理臨床家をされてる人から阪神大震災前の昭和60前後に聞いたが、
彼女を紹介されたのは、、
s49以降、急接近してきた父方の身内と自称する人たちから母が紹介されているが、
私の従姉であるはずの彼女自身はパリに昭和50代に多く滞在し、伯父の葬式後、私たちからも、父の実家の法事写真からも姿を消したまま。。
そのパリは現在、やはり、アフリカの民が大勢になっているという?
仏人はホロコーストされた後なんだろうか?
ただ、、何度も繰り返すが、、彼らアフリカの金鉱、レアメタル金鉱を餌に、彼らを動かしてるテロリストの工作員が?
ベルギー人神父のあとやスクート会で就任してるアフリカ、コンゴの神父をサポートしてるという8~9年前には居なかった最古参という信者らとすると…
私個人では納得がいく。。
というのは…カトリック信者は代々つないでいく人がおおく、この十年足らずで、きゅ急変すること事態が異常であるから。。!?

投稿: タコリン | 2014.06.16 08:27

個人に原因を帰着させようとしてもすでに、世界大戦後終戦後以降から大々的に、上記、越えてはならない一線を越えてしまった組織的な国際的な人脈グループがいるわけで、、彼らが世界経済もマスコミも天候自然災害さえコントロールしているのなら?
どうせなら、強いものにまかれて人生の勝者となりサバイバルを選ぶ人が急増すると、、、益々、彼らの思うつぼにはまり込み、独裁下社会での将来しか期待できないわけで、、
第一、地球上の富を独占する一員となったとして
一体、どんな意味が残されるのだろうか。。
おそらく、こういう誘惑に一番動かされやすい民が、アフリカに多いことをその奴隷資本の歴史の被害が最後まで続いた中で、やっと得た力は、暴力的に暴発、機能する可能性は高いことを推測でき、
それをテロリスト等は利用するだろう?ってね。
非常に偽善に見え透いたことを善として、疑うこともないだろうし、複雑な工作を解き明かす真実より、今、目の前が大切という刹那的な価値観ができてしまっている。。?
自分たちに異を唱える人には、被差別という心理で反応するように仕組まれてる?
貧しい人に分け与えるという偽善は、
彼ら独裁者等の偽善欲に任せておくべきで、
少しでも余力のあるものは、
彼らの圧倒的な経済力、テロ力に抵抗すべきではないか?
というのは…彼らが愛してるテロ工作員がロボトミー化で心を失ったからこそ、できえたテロ工作であるということ?
彼らが次に求めるのが、、今、スェーデンや独、カリフォルニアで大々的に研究されてるテロ心理学、大脳生理学、精神医学の分野で、
終戦後すぐに、テロ戦勝者らが、ペンシルベニアをのっとり、ロボトミー村、実験村を作ったペンシルベニア大学の戦後遍歴に深く疑念を抱くのですが。。(苦笑)

投稿: タコリン | 2014.06.16 08:04

イージーライダーなど日本で学生運動が、安田講堂事件をきっかけに、プロ化、テロ化し始めた時期?
仁井氏がs44、1969に同志社を統治し始めてから数年後に、三島由紀夫が、安田講堂で自決事件をマスコミに伝えようとハデにして散ってしまった。。
彼らの背後にある黒幕はおそらく、精神科や大脳生理学、心理学でのテロ最新技術を使うことに何も抵抗を感じないで、むしろ、自分の利害と立場だけの安全、上昇さえ保てれば、地球上に人間として許されるべきもの、絶対に越えてはならない一線を自覚し自制する自省心がない人たちが、いることだけは間違いないだろう。。
s50に高一、中1が、26年後、1995阪神大震災時には38~41、官僚として重要ポストに人脈を作っていても不思議ではあるまい。
この仁井氏がチャプリンがヒトラーの特長にした癖や言動内容もを踏襲してること、、、
滝川春雄氏やおそらく、同じ立場の?曲直部寿夫氏ら阪大法学部、医学部の戦後の国際的な民主主義社会の為に使命された人脈が失脚、不遇が始まる。。

投稿: タコリン | 2014.06.16 07:31

1. 世界大戦後、多くの韓国人が渡米し、
戦前のチャイナ・タウンを、
コリアン・タウンへとすり替えていく中で起こっている?
2. 世界大戦後も、表向きは冷戦を装う中で、
  実質?戦勝国?韓国軍は、米軍を引き連れ?ベトナム戦争に従軍し、
  米軍側として敗戦してるが、
戻ってきた 米兵が、どうも精神が荒廃したり、ペルソナが変わってしまっているという社会問題が盛んに指摘されていたにもかかわらず、
 他方、韓国は、世界経済に台頭し始め、
 米での最先端研究所には、多くの韓国人若者が在籍していることと、教授等の異常行動や自殺など最先端科学に携わるトップに異常行動と環境を指摘されていた。
  

投稿: タコリン | 2014.06.16 07:02

訂正。私のnetでは、1999の事件として検索されてるのですが、1994というのが真相だったのでしょうか?確認させてください。
さて、、、これら一連の在米韓国系の末裔には共通する点がいくつかあり、
それが、イジメや異常に科学化、合理化された結果の異常ストレス環境があり、
その結果、精神科で処方される抗うつ剤や精神課治療の過程で、自我のコントロール=バランスに異常を来して、
無差別殺人でフツーなら分かり切ってる自爆的なシナリオをたどり、
わざわざ愛する家族を不幸におとしめるに至ってる矛盾だらけの原因を考えるにあたり、、?整理すると…
 続く   

投稿: タコリン | 2014.06.16 06:51

私のnetでは、1999の事件として検索されてるのですが、1994というのが真相だったのでしょうか?確認させてください。
さて、、、これら一連の在米韓国系の末裔には共通する点がいくつかあり、
それが、イジメや異常に科学化、合理化された結果の異常ストレス環境があり、
その結果、精神科で処方される抗うつ剤や精神か治療をに、自我のコントロール=バランスに異常を来して、
無差別殺人でフツーなら分かり切ってる自爆的なシナリオをたどり、
わざわざ愛する家族を不幸におとしめるに至ってる矛盾だらけの原因を考えるにあたり、、?整理すると…
 続く   

投稿: タコリン | 2014.06.16 06:44

鬱といえばこの本は良かった!

http://www.asahi.com/culture/update/1216/013.html


たまたま数ヶ月前に読んだけど、壮絶なる生還記。最後はアル中病院にまで行き、治る話。細部が良かった。これは凄い!

鬱の方を見ても攻めないで、そのまま受け入れてあげてください。時間がかかっても治癒するから。

投稿: イ | 2005.12.17 00:26

「申請しないと適用されませんよ。それも「重度かつ継続」です。薬が必要な人はいるんです。申請なさったんですか。審査はけっこう厳しいですよ」

 その通りです。最初に申し上げましたが、紹介してくれたのが保健所にいる友人でした。最初の検査の時は規定どおり払いましたが、後日、32条について知り、申請すると審査についてはすんなり行きました。
 
 投与を開始した翌日に空がやけに青くなって、将来に対する計画を立てる意思が強くなりまして。その日の朝は今でもはっきりと覚えています。そのことを医師に告げると、「へー、まだ最低限の量しか投与していないけど、運がいいわね」と言われました。
 まだ半信半疑だったのですが、そのことを友人の保健所の人に告げると「聞いたということは鬱だったことは確実だよ。薬だから何かないと効かない」とのこと。あまりに簡単に効果があったので、鬱ではなくて、鬱状態ではなかったのではないかと告げられました。
 彼は大学で心理学をやった人間。さらに老人介護の専門家なので、色んなケースを見ているようです。じっくり話せるので、医師よりも良きカウンセラーになってくれました。
 まだ本調子ではないのですが、全開の6割程度の感じです。もいい感じになってきております。
 数年前の鬱が最もひどいときは、猜疑心が強く、ささいなことで激怒する癖がありました。今でもその傾向はややありますが、これも「脳の故障」と割り切って自分を見つめていますから、コントロール可能になりつつあります。
 さらに忘れていたけど、もう一つ変化が出来ました。
 禁酒する勇気はまだないんですが、酒量を激減させたことです。最近は夜中に相当呑んでいたきつい酒を断って、ビール数本まで減らしてきました。
 本当はタバコも止めたいのですが、まだ意思が固まりません。
 小生は近代医学は否定しません。誤解されると困るのですが。
 が、アメリカにも研究と仕事でそれなりに長く住んでいたので、彼らの実験精神は誰よりも高く評価するのですが、アメリカ外交は常に商務省の意向も反映します。
 癌の危険性から、アメリカでタバコが売れなくても、同じブランドの商品が日本でも他のアジアでも売れてます。それなりに。マルボーロでも何でも。
 この弊害があるんじゃないでしょうか。
 医療がらみの予算がまた5パーセントカットされますね。たしかにしわ寄せが現場に出るとは思いますが、だからといって、貧しい方に良き医療が受けれないというアメリカ型医療を小生は支持するつもりはないことは申し添えておきます。
 実際に心療内科に通院して気がついたことは、今の点数制度では、たったの10分程度医師と話して、処方箋を書いてもらい、薬をもらうと、点数の大半は、病院に行く。薬代ではなくて。こちらの方に矛盾を感じました。無駄といえばですが。
 赤ひげみたいな医者が出ないんでしょうかね。近代医学に熟知した方で。
 

投稿: イ | 2005.11.29 22:46

最後になりますが、山岡さんはデプロメールの日本国内での事故の例をあげていらっしゃらない。
それが最も問題です。
だから、実際に患者さんに接して下さい、1つのソースだけを鵜呑みにしないで下さい、ということなんです。

投稿: 正確に書いて | 2005.11.29 22:09

>イさん

>それに通院して分かったけど、一割かその半分程度しか負担しないでいいように、法律でなってます。通院患者の場合は。精神障害の方は。それもあり、じゃんじゃん、日本でも流行しているのでしょう。


32条のことでしたら、申請しないと適用されませんよ。それも「重度かつ継続」です。薬が必要な人はいるんです。申請なさったんですか。審査はけっこう厳しいですよ。

それも、障害者自立支援法で廃止されてしまいそうですがね。0-5%負担が10%負担になります。倍です。働けない人は事実上病院にいけなくなりますし、絶望していかなくなった人実際にいますよ。

すべてが薬漬けのようなことをおっしゃるのは慎まれますように。選挙前は親小泉派がさかんにこの手のことを言っていましたが、必要な人はいるんです。

>山岡様

生田氏はかなり極端な例ですよ。せめてご自分できちんと患者さんに接してから記事を書いていただきたいと思います。患者が当事者なんですから。

投稿: 正確に書いて | 2005.11.29 21:53

「ストレスに対する脳の拒否・防御反応で脳神経系の障害であると。これを病気と取るか、故障と取るかは人次第ですね」

 やっと該当する記事は読みました。これによれば、かなり効果がある確率は3割以下とのこと。やはり、故障だったのです。脳神経に潤滑油が行かんかったわけでしょう。比ゆ的にいえば。あの記事の結論がよかったですね。立ち読みですが、生活態度を変えるとか、軽い運動をするのが良いと書いてました。有田氏の本と同じ結論でした。
 「人生ゲームにあなたは勝ったのよ」と精神科の女医さんが飲み始めて、主観的には、劇的に効いたと告げるといった理由が分かりました。それほど低い確率でしか劇的に効いた例はないのでしょう。
 呑むことを中断したのは有田氏の本を読んでからです。これは自分の判断。医者はもっと呑んだらいいようにいってましたが、止めました。中止して数ヶ月になりますが、前と同じ状態です。投薬開始数週間後と。
 プラシボーで同じ効果が期待できるかは分かりませんが、やはり、医者の助言を参考にして、投与量を増やさずに、ちゃんとやるといいかもしれません。
 といっても、まだまだ本来の調子とは遠いのですが、最悪だけは、客観的に見つめることができました。
 現時点では、小生はまだオーバーホールを終えた中古の古いカブに乗った状態なのでしょう。小生の肉体は。大事にして、エコランみたいに動かして見ます。
 それと転機になったのは、もう一つあり。動物でもいいかも知れませんが、命そのものの大事さを淡く感じ出していたことも、要因かもしれません。薬を飲む以前でしたが。ふとしたきっかけで。
 鬱が困るのは、自分のことだけに関心がいくことでした。小生の場合は。他人の苦しみに思いが行かない状態でした。
 偉そうに申し上げてごめんなさい。
 最後になりますが、いい記事でしたぞ。5パーセントしか負担しないというのは、確かに諸刃の刃。いくらでも薬物漬になる危うさがありますからね。
 

投稿: イ | 2005.11.29 17:07

この本について興味を持ったので検索していたら辿りつきました。

荒川光線氏は該当の本を、理解出来るまで読まれていないのかもしれませんが、貴方は貴方の仰る
『神経を高ぶる働き』
について鬱の改善、あるいは回復であると認識されているのでしょうか?
山岡氏も生田氏もそれについての疑問を投げ掛けているように感じます。
つまり、換言すると
『脳を興奮させる薬が抗鬱剤として処方されて良いのか?』
という点であると思います。
書中では正誤は別として、SSRIとプラシーボの有意差がほとんど無いという事が述べられております。
内容的には副作用の指摘がやや強引に感じましたが。
当然、毒と薬は紙一重なのは承知しております。
しかし、うつの原因でさえ仮説の段階であるのに、薬だけ先行してしまって、且つ依存性と副作用を持つ事に対して警鐘を鳴らしているのではないか?
更に突き詰めますと
脳を興奮させるコカインやアンフェタミンはモノアミン取り込み阻害作用があるのに、抗うつ効果がないというモノアミン仮説に反する事実が確認されております。
こういった事をふまえて、
『一時的な脳の興奮薬がうつの改善薬として、副作用を考慮した上で適切ではない』
という指摘でもあり、偏見助長や人権侵害等とは掛け離れた内容であると思います。

”うつは病気ではない”に不満がある方がいらっしゃるようですが、私の知り合いはうつは脳の故障だと仮説を立てていました。
ストレスに対する脳の拒否・防御反応で脳神経系の障害であると。
これを病気と取るか、故障と取るかは人次第ですね。
それくらいの認知の改善くらいが出来ないと鬱の克服は難しいと思います。

投稿: Quinine | 2005.11.28 07:47

http://tanakanews.com/a0925AIDS.htm

こちらはエイズ特効薬関連ですが、効果がある薬でもこんなことになっている。売るためならば何でもするでしょう。患者のことは第二にしても。資本の論理を貫徹するためには。

それと半年スポーツクラブにいっても、負荷レベルを間違えると逆効果。散歩に近い早歩きが一番いいみたいです。前に紹介した有田という専門家の本によれば。それに長年のつけでしょうから、半年では効果は期待できないかもしれませんぞ。石の上にも三年といいますので、腹式呼吸と早歩きを三年やればどうでしょうか。

偉そうにいいながら、小生はやっていないのですが。反省したので、やはり、続けてみるかと思い始めました!!

投稿: イ | 2005.11.27 16:42

「今回の記事で怖いのは、世の中の偏見を助長することです」

 ということはないと思います。薬物依存の危うさを指摘しただけですから。まだ日本には入っておりませんが、アメリカ時代の友人に聞くと呑んだ翌日からばら色になる薬も売れているとのこと。

もともとは60年代からこの手の薬が開発されたみたいですね。最初に手がけたのは、中国からの留学生。指導教官はアメリカ人ですが。ひょんなことから発見して、その後、どんどんこう鬱剤は進化して今も進化の過程にあるということです。呑まば100パーセント治るという段階じゃないと特効薬とはいえないのですが、臨床的にも高い効果があり。それは小生の経験からも確実ですが、薬依存症はあかんので、今回の記事はいいものだったと思います。

「フロイト要らず」にするという大命題をかかえて、40年近く発展した薬ですが、まだ課題も弊害もあることを教えてもらえたので。

日本の鬱の一因は、環境因かもしれませんね。職場のストレスならば、退社して、よその会社にいけばいいのですが、欧米とは異なり、まだまだ労働力の流動性が低いので、そうもいかんのでしょう。

いずれにしても、医者も全力は尽くすかもしれませんが、最後は自然治癒しかないようです。小生が少し面倒をみていた人格障害の男の場合はほとんど効果がありませんでした。最悪は脱しましたが、まだ自殺うんぬんを口にします。そうなった原因の一つはよく聞いて分かったのですが、10代の喪失経験のようです。

すべての人が色々な事情を抱えているので、一般論化してはなんともいえませんが、深い病です。知り合いの中にも数人ほどいますから。鬱の方は。

が、概して教育レベルが低いか、あるいは、権威を疑わない方は、医師の診断を妄信する傾向があります。相性が悪いならば医師を変えるとかすればいいのでしょうが、医師との緊密な関係が徐々に冷静に己をみつめることにブレーキがかかることがあるのでしょう。小生の知り合いの場合がそうでして。

余計な戯言を書いて申し訳ありませんでした。が、このサイトにも複数、小生と同じ苦しみを経験している方がいたということに逆に勇気を得ました。前は恥ずかしくて人にいえなかったからです。ありがとうございました!!

投稿: イ | 2005.11.27 15:19

鬱で長年通院しております。

貴殿のブログを呼んで戦慄を覚えました。
まるで、うつ病患者が抗うつ剤を飲むことによって、銃乱射のような危険な状態になる。
そんな印象をあの文から読み取れます。
これは池田小事件の犯人が当初言っていた「精神安定剤を飲んで犯行に及んだ」と同じ文脈であり、現在鬱で悩んでいる人、いや精神疾患で悩んでいる人に対する、重大な人権侵害ではないのでしょうか。

たしかに抗うつ剤(RSSIと言っても当事者でないと意味がわからない)は、神経を高ぶる働きがあります。
それがわかっているから、医師から指示されたの用量を守っているのです。
濫用すると、確かに危険ですから、それのないようにしているわけです。

実は生田氏の件の本、今日少し本屋で立ち読みしましたが、夫婦とも水泳でうつを治したとも書いてありました。
私も半年ほど、スポーツジムに通いましたが、特に目立った効果はありませんでした。

神経科の病気の場合、個人差が大きいようで、ある人の成功体験が別の人に通用するとも限りません。
従って、どうしても薬による治療がメインになると言う現実があります。

生田氏は薬に関する知識は豊富のようですが、その運用面をご存じかと言えば、どうしても疑問に感じざるを得ません。

貴殿も生田氏も一匹狼で、シンパシーを感じるかもしれませんが、巨悪に挑む孤高の人であるか、それとも単なる他者への適応が出来ない人物であるか、そのあたりを慎重に吟味してから、記事を発表した方が良かったように思えます。

繰り返しますが、今回の記事で怖いのは、世の中の偏見を助長することです。
尚、私は今年の7月より、休職状態ですが、変な情報が流布されるとそのまま復職ができなくなる可能性もあります。

投稿: 荒川光線 | 2005.11.26 21:38

それとあの記事を読まずに話すと、こう鬱剤は半分の人にしか効かないということを小生も知ってますが、残りの半分の人はやはり意地になってあれこれ薬を飲んでご指摘の事件を起こす可能性は否定できません。実際に診断を受けた感じですが、簡単に医師は薬を出しますから。患者が訴えると。増量を。そこは税金でやっているところなので、意図的とは思えませんが、開業医だったら、もっと簡単に増量するでしょう。利益を増すために。それは実感できました。
 それと高校時代の同級生で医者になったスケベ男に聞くと、「最近はやたら精神医療に進みたい者が増えている。開業しても所期投資が低い。さらに誤審しても訴訟になることもまずない。いいきってしまえば、アメリカで実験を済んだ薬をばら撒くだけで儲かるしね。診察室も簡単にできるし。手術もないから、下手をすえば獣医さんのクリニック並みの所期投資でいいかも」ということでした。

このあたりが日本でやたらこう鬱剤需要が増加している社会学的要因かもしれません。薬信仰が大衆にある国柄ですし。

それに通院して分かったけど、一割かその半分程度しか負担しないでいいように、法律でなってます。通院患者の場合は。精神障害の方は。それもあり、じゃんじゃん、日本でも流行しているのでしょう。

投稿: イ | 2005.11.26 14:23

 どうも記事の主旨に違和感を覚えました。生田氏の本を読むと、また感想は違うのかもしれませんけど。以下、不明点など。
 私も以前デプロメールも服用していました。通常、この薬は比較的副作用の少ない新しい世代の薬と紹介されていて、かなり服用している人は多いはずです。この薬が人によって精神病的な症状を起す場合があるといった注意は、初めて処方されたときに医師に聞かされ、少しずつ量を増やして様子をみたものです。が、そういう副作用は一般に他の向精神薬にもあることは、webで検索すれば誰でもすぐ分かります。多く出回ってそうなこの薬に、まだ露見していない固有の大きな問題があるということなのでしょうか?
 また大量に向精神薬をかじってラリる、というのは”ジャンキー”から良く聞く話です。これら向精神薬は医師との相談の上で注意して服用するのも少なくとも患者にとっては常識。なので大量に飲んだ奴が犯罪を犯したらしいからあの薬はアヤシい、という理屈は通らないでしょう。やはりデプロメール固有の問題が何かある、と山岡さんと生田さんはおっしゃりたいのでしょうか?
 またこれらSSRI薬の作用と、うつ症状改善との完全な医学的説明はまだ不完全なことも有名なはずですが、だから患者は自分に合う薬を見つけるまで、いくつか薬を試しつつ治療を進めます。そんな治療自体が薬屋の思う壺、なのでしょうか? だとしたら、生田氏に求めたいのは、周りの声を遮断するのではなく、それに応えられる形で、「本当の直し方」を学会や医療現場に早く広めてください。「本当の直し方」は少なくとも現行の薬物療法より科学的な説明がつくのでしょうから、たちどころに受け入れられるはずです。
 あと”うつは病気ではない”って最近ちらほら目にしますけど、どういう文脈で使われていようと病気の渦中の人は結構めいる文章だと思いますのでその覚悟で。

投稿: n | 2005.11.25 23:55

記事に関しての感想ですが、

あのー、こういう話は昔からあるんですよ。
確かに向精神薬は副作用は強いですし、問題はある。でも、どうやって飲むかなんです。
彼らはちゃんと量を守って服薬していたか、アルコールと一緒に飲んでいなかったかなど、適切な服薬かどうかが一番問題です。

トムクルーズなんかもエセ宗教にかぶれて精神医学を否定していましたけど、効いている人もいます。ただあまりにもまだ脳のことでわからないことが多いのは事実です。

リタリンなんかも、鬱の人が飲めば危険です。でもADHDとかには有効だといわれています。まだまだ研究途上です。

薬万能でもないし、薬が不必要なわけでもない。
なぜ・どういうメカニズムで危険なのか、きちんと記事にしてからアップしてください。鬱の人はそれでなくても薬に対しては過敏ですから、デマになりやすく、絶望して死を選ぶ人もいないとは限らない。

とにかく、結論だけ先行してメカニズムを書かない記事は有害だと申し上げておきます。手抜きをなさりませんように。

投稿: メカニズムも書いて | 2005.11.25 16:23

 まだ完全に治っていないのですが、小生も数ヶ月前まで問題の抗うつ剤を飲んでました。正確にいえば最初の数週間だけ。あとは、一昔前のタイプ。使うきっかけになったのは、ある知的障害と精神障害がある孤児(といっても35歳ですが)と知り合ったこと。社会的同化が出来る前に親御さんをなくして、困っていたので、市役所に抗議して、生活保護を取得することを協力したのですが、その過程で小生の中にも彼と似た要素(たとえば、不活発、意志薄弱、昼夜逆転の生活)などがある程度あり。万が一と思い、彼の支援のために共に動いていた保健所の職員に赤の他人のこととして、「どこかいい精神科医はおらんか」と聞いて、デプロメールを自分のためにもらいました。効果は抜群でした。翌朝、天空が降ってくるように光り輝いた。それも早起きができまして。ついでに睡眠薬をもらい、生活パターンを変えたのも一因。そのことを医者ではなくて、保健所の親友に話すと、「効果が最初からあったということはあんたは鬱だった」ということと教えてもらいました。
 その後、急に読み漁り、色々知りました。
 否定的な側面も。日本が世界でもっとも抗うつ剤が売れているとのことなどについて。量ではなくて、成長率ですが。 
 当然、売るためにムチャなこともやっている可能性がある。そのことは否定はしませんが、少なくとも小生には最初の数日は劇的に効果がありました。
 担当医をびびっているほどでした。効果が出る確率は5割程度とのこと。効果が出る5割の中でも小生の場合は劇的に効いたケースとのこと。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140880937/250-2669423-0114613

 通例は数週間をかけて徐々に効果が出る場合があるらしいのですが、小生の場合は、確かに効きました。そこで医師の制止を振り切って投与を止めました。この本を読んで、薬物の副作用を知って。
 上で紹介した有田さんの本はいいと思います。彼は薬なしで治す方法を提唱してます。
要はできるだけ歩く。腹式呼吸をする。脳科学の観点からはそれだけで臨床的には効果があるそうです。
 
が、小生には、初期段階では、デプロメールは劇的に効果ありました。

 このことは申し添えておきます。バランスが取れた報道のためにも。

投稿: イ | 2005.11.24 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/7273180

この記事へのトラックバック一覧です: タミフルだけじゃない。抗うつ剤の副作用の恐怖ーー米国コロンバイン高校銃乱射事件の犯人!?:

» 彩花ちゃんを救おう!【勝手にTB御免蒙る】 [天河夢想]
ドラゴンズ2年目佐藤充投手が募金を呼びかけている。 ドラファンの娘さんの命がかかっている。 生後10ヶ月の神達彩花ちゃんは、「ヒルシュスブルング病類縁疾患(全腸管壁内神経細胞未熟症)」という難病。アメリカでの多臓器移植に望みを繋げている。 微...... [続きを読む]

受信: 2005.11.24 23:27

» “うつ”のメカニズム?「ノルアドレナリン」 [Biological Journal]
前回の?ではセロトニンについて見てきましたが、?ではノルアドレナリンについて見ていきます。 というのも、うつ病患者では、セロトニンだけでなくこのノルアドレナリン系の活性低下も見られるらしく、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害する薬剤で症状の回復が見... [続きを読む]

受信: 2005.11.25 01:43

» 今夜もあの世の何処かで、ライナス=ポーリング! [走れ小心者 in Disguise!]
 件名は大槻ケンヂ・内田雄一郎のダブルクソ外道による数少ないいい仕事、「じーさんはいい塩梅」の替え歌だ(無意味と言うか、大橋ツヨシの4コマに通じる能天気さがわりかし気に入ってる)。  替え歌と言えば「ある日(ある日)、学校で(学校で)、ライフルに(ライフルに)狙われた」と言うテレビ東京「木曜洋画劇場」での「ボウリング・フォー・コロンバイン」の予告が耳に残るが、もともとの事件に関し山岡俊介氏がこんな事を。  マー確かに抗うつ剤には神経を昂ぶらせる側面があるから、オーバードーズ(過剰な服用)がかくの... [続きを読む]

受信: 2005.11.25 19:35

« タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!? | トップページ | ライバル企業顧客情報流出の背後に、日本オラクルの陰 »