« 公取が狙うし尿処理施設談合ーー具体的ターゲットに安倍晋三代議士お膝元・下関施設も浮上 | トップページ | 警視庁、本紙・山岡に顔写真、指紋採取を要請 »

2005.10.18

名誉毀損で逮捕の出版社、鹿砦社・松岡利康社長初公判開廷される

45  去る10月17日(月)午後3時より、名誉毀損容疑(阪神タイガース職員とパチスロ・アルゼに対する)で逮捕されている鹿砦社・松岡利康社長等の初公判が神戸地方裁判所であった
同裁判所では一番広い101法廷で開廷されたが、約100席(内、クラブ所属記者用が15席)のほぼすべてが埋まっており(記者席は満席)、関心の高さが伺えた。
手錠姿で現れた松岡社長は、約3カ月も勾留されているため、ややほっそりした感じを受けた。着ていたナイロン製ジャンパーの背には金色の龍の刺繍がされており、そこには大きく「大逆転」との文字が躍っていた。
さて、検察側の冒頭陳述によれば、この日、同じく法廷に立った(在宅起訴)阪神タイガース元スカウトマンの父の死の真相を探ろうとして職を投げ打ってまで取材、そして鹿砦社から単行本を出した(ただし、こちらでは起訴されていない。HPの記述内容で起訴)娘さんとを分断することで、訴訟を有利に運ぼうとする意図が浮き彫りになった。 すなわち、娘さん側はすでに名誉毀損に当たると認めており、その代わりに彼女に関しては検察側は微罪で終わらせる様子だ。また、 彼女からはすでに松岡氏が名誉毀損で訴えられことを認識していたとする供述を取っていることが伺えた。
一方、全面無罪を主張している松岡社長については、アルゼ分に関し、ライバル会社2社から計8000冊、計1350万円分の単行本を買い取ってもらっていたと陳述。暗に、「売れれば何でもありの人物」と印象づけたい様子が感じられた。
これに対し、松岡社長自らが意見陳述。「全面無罪」を主張すると共に、アルゼ、阪神タイガースという公的企業に関し、大手マスコミが取り上げない問題を追及して何が悪い、「この場で傍聴している(何も真相を書かない大手)マスコミもしっかり反省してください」旨発言もあった。
続いて、保釈が認められないだけでなく、弁護士以外の接見すら未だ許されないため、「社員とのコミュニケーションが取れないことが、会社が潰された一番の理由!」、「何のための長期勾留か!」、「ここまで来ると嫌がらせ(会社を潰すための)とか思えません!」(8月末閉鎖。ただし、雑誌『紙の爆弾』は存続)とも述べ、次第に感情が昂ぶったのだろう、検察席の方を睨み、吐き捨てるような口調になっていた。
 2005年10月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 公取が狙うし尿処理施設談合ーー具体的ターゲットに安倍晋三代議士お膝元・下関施設も浮上 | トップページ | 警視庁、本紙・山岡に顔写真、指紋採取を要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6463232

この記事へのトラックバック一覧です: 名誉毀損で逮捕の出版社、鹿砦社・松岡利康社長初公判開廷される:

« 公取が狙うし尿処理施設談合ーー具体的ターゲットに安倍晋三代議士お膝元・下関施設も浮上 | トップページ | 警視庁、本紙・山岡に顔写真、指紋採取を要請 »