« 仮処分事件、パシコン・荒木民生代表抗告せず、本紙・山岡勝訴が確定 | トップページ | 沖縄建設業界の仕切り役リゾート会社が倒産の不可解 »

2005.10.05

「詐欺商法」と会見された、同じ外国特派員協会で記者会見したセブンイレブン

 本紙は「記者会見報告ーー北野教授が暴露。『記事に圧力をかけたセブンイレブン』」なる記事を報じている。
 9月27日、(社)日本外国特派員協会で、最大手コンビニのセブンイレブン・ジャパンの「会計処理は詐欺的」として記者会見を行った北野弘久日本大学法学部名誉教授から飛び出した発言だが、その相手、セブンイレブンがわずか3日後、同じ外国特派員協会で記者会見を行った。
 本紙・山岡は当日、その予定を関係者から聞いたが、すでに他の取材が入っており見学できなかった。その情報に接した時、頭を過ぎったのは、巨大資本力を背景にした反撃ーー一見、論理的に徹底した反論を行うと共に、北野教授に対しては名誉毀損罪で告訴といったこともあり得るのではないかと危惧した。
 2005年10月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 仮処分事件、パシコン・荒木民生代表抗告せず、本紙・山岡勝訴が確定 | トップページ | 沖縄建設業界の仕切り役リゾート会社が倒産の不可解 »

コメント

15年前、小学校の同級生の両親が脱サラしてコンビニ経営に手を出したんですが、あまりにも高すぎる加盟料で1年も経たずに店が立ち行かなくなり、夜逃げのような形でいなくなってしまいました。真相追究がんばってください

投稿: ぽんた | 2005.10.12 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6271192

この記事へのトラックバック一覧です: 「詐欺商法」と会見された、同じ外国特派員協会で記者会見したセブンイレブン:

« 仮処分事件、パシコン・荒木民生代表抗告せず、本紙・山岡勝訴が確定 | トップページ | 沖縄建設業界の仕切り役リゾート会社が倒産の不可解 »